Top | RSS | Admin

2017.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.05


奈良・伊勢・京都旅行
2014/11/24 10:59 |
アーイ! (イルマニア)

11月12日は塩谷亮先生の誕生日(http://ryoshio.exblog.jp/23732227/)ですが、11月13日は私の誕生日で55歳になりました。
塩谷先生風に言うとゴー・ゴーですが、四捨五入すると60歳….

さて日本美術の方が好きだった中学2年生の時、大好きな奈良へ1人で旅行しましたが、当時はどう見ても小学生にしか見えなかったので、行く先々で親切にしていただき、ますます奈良が好きになりました。
fhdiisflkhe;
中3の時友達と奈良・京都旅行した際、大和文華館の庭で


去年イギリスで拙作が実力以上の評価をされたので、油絵を始めた高校生の頃から毎年ずっと夏越と年越に人形(ひとがた)を送って大祓をしていただいている奈良・春日大社(http://www.kasugataisha.or.jp/)に御礼のお神楽奉納に行ってきましたが(去年はバタバタ忙しくてブログに書きませんでした)、久しぶりの奈良はやっぱり良かったので今年も行きたくなり、先日奈良・伊勢・京都二泊三日の旅行に行ってきました。

今回は去年も参拝した大神神社(http://www.oomiwa.or.jp/)の御神体・三輪山に登ってみたいと思っていましたが、明治になるまで禁足地だった神体山に気安く登って大丈夫なのか、直前になって気になってネットで調べたら、近年のパワースポットブームで登山者がかなり増加しているとのこと。神社の許可があるとはいえ、やたら大勢が登るのはあんまり神様に喜ばれなさそうな気がするので断念。
sggggw.png


大神神社に参拝して「清めの御砂」を購入。
rfghurvkj.png

うちは部屋中にマガマガしいものが充満しているので(下図参照)、部屋の四隅と真ん中に置いてます。
gfghklfbhm.png

そこから摂社の狭井神社と檜原神社へ「山辺の道」をたどって参拝。
hvhlkiuigt.png
伊勢に天照大神が祀られる前に鎮座されていた檜原神社

この道を歩くのは初めてですが、有名なので広いまっすぐな道かと思っていたら、1人しか通れない様な所もある細くて曲がりくねったなかなか趣のある道でした。

三輪山の下は最近邪馬台国の最有力候補地として注目されている纒向遺跡のある一帯。
「邪馬台国」とか「卑弥呼」とかは「古代のロマン」とかいう好きになれないフレーズで語られがちだし、ほとんど資料も残っていないので日本史の中ではあんまり興味のない分野でしたが、最近の発掘調査の成果で色々分かってきたり、戦後は皇国史観への反動で荒唐無稽な作り話とされがちだった古事記や日本書紀が最近再研究が進んで、事実と合致するかもしれない点もあることが指摘されるようになって面白くなってきました。

たとえば纏向遺跡で並んで発見された初期ヤマト王権の王宮とみられる当時としては巨大な建物遺構の、1つは出雲大社に、その隣の建物跡は伊勢神宮正殿に建築様式が似ているそうで、日本書紀にも3世紀後半と考えられる崇神天皇の時に、疫病を鎮めるために従来宮中に祀られていた天照大神と倭大国魂神を皇居の外に移したとの記事があったり、最近年代測定で卑弥呼の墓ではないかと考えられる様になった箸墓古墳は、古事記で倭迹迹日百襲姫命という巫女的な女性の墓とされているといったこととか、古代史が面白くなってきたので桜井市埋蔵文化財センター(http://www.sakurai-maibun.nara.jp/)と箸墓古墳を見学。

箸墓古墳は想像していた規模よりはるかに大きくて、うっそうとした森が神秘的な雰囲気をたたえていましたが、拝所で「ここは宇宙の中心で、私はよくパワーをいただきに来るの」と、宇宙と交信中のおばちゃんが語り始めたのでそそくさと退散。

jufjujhfsdbv.png
箸墓古墳(手前の赤いのは養殖金魚の群れ)

奈良市内に戻って奈良町あたりをそぞろ歩き、高速餅つきで有名な 中谷堂でよもぎ餅を買ったり、猿沢池近くの土産店でカラフルなバンビちゃん購入。(来年出品の絵に描きます)
fdsjkgvd
sdfshifv.png
東大寺前の「ゐざさ」(http://www.yume-kaze.com/shop/izasa.html)で柿の葉寿司の付いた料理を食べて一日目終了。

翌日は伊勢へ。「しまかぜ」とかいう予約のなかなかとれない電車を旅行社がとってくれて、10日前から京都ー賢島間の運行がはじまったばかりの電車に大和西大寺から乗車。
dsjfdbjsb.png

車両はピカピカでシートは飛行機のビジネスクラスみたいにゴージャス、アテンダントのおねいさん達は誠に丁重で至れり尽くせりなんだけど、高速で走っているせいかかなり揺れる。
うっかり乗り物酔いの薬を忘れてしまったので、吐く寸前に伊勢市に到着。

伊勢うどんと焼き大あさりを堪能して頭痛もおさまり、3年ぶり伊勢神宮(http://www.isejingu.or.jp/)外宮に参拝。
雨が降ったり止んだりのあいにくの天気でしたが、遷宮から丁度1年たった今でもヒノキの香りがただよってました。

外宮参拝を終えてバスで内宮へ。
清澄この上ない五十鈴川で手を洗い、私の黒い心もすっかり浄化されました。(それはムリ)
dfvdihgfid.png

バチカンのサン・ピエトロやロンドンやパリの大聖堂を見て荘厳な建物や装飾に感心はしましたが、それはそれを作った人間の力に感動しただけで神の存在を感じる事は無かったのに、杜に囲まれた白木の社になんともしれんかたじけなさを感じるのは私が日本人だからなのか、外人はここに立ってどう感じているのか知りたいところです。
fgbfkjdb.png
ここから先は撮影禁止

内宮参拝を終えて赤福本店(http://www.akafuku.co.jp/about/honten/)でお茶と赤福をいただき、駅前でまたアサリ焼きを食べて夕方「しまかぜ」で奈良へ。

3日目の朝は春日大社へ。祈祷殿で母の身体健全を祈祷していただき、本社と若宮に参拝。
帰りに参道で鹿センベイを買ったら、それまで知らん顔をして寝そべっていた鹿達が、さすがプロというかムクっと立って恐いくらいオラオラなかんじで「センベイくれよ〜」と迫ってくるんですが、出来るだけ子鹿にやろうとしたら1枚丸ごとは食べにくいらしく、しばらく苦闘していて気の毒な事をしました。
dssdvghf.png


昼に京都に着いて四条の「松葉」(http://www.sobamatsuba.co.jp/)でにしんそばの昼食。
fdbshsv.png

デザートに近くの「鍵善良房」(http://www.kagizen.co.jp/)で「くずきり」を食べてから新館が開館したばかりの京都国立博物館(http://www.kyohaku.go.jp/jp/index.html)へ。
sdfvvvsdhjz.png

本館で開催中の「鳥獣戯画と高山寺」展も見るつもりでしたが、90分待ちの行列が出来ていてあっさり断念。
新築の常設館に入ると一階に3メートルを超えるドデカイ仏像が。(http://lmaga.jp/blog/news/2014/09/miyako.html)
大阪の金剛寺という所の所蔵だそうで、平安末期の八条女院の寄進したものとか。
八条院というと大河ドラマ「平清盛」で佐藤仁美さんがやってた人で、清盛も一目置くくらい膨大な荘園を持ってた人ですが、どんだけ裕福だったかの一端が目で分かって感激。

開館記念として国宝や重要文化財がずらりで、如拙の瓢鮎図や藤原道長経筒、ペルシャの織物で作った豊臣秀吉の陣羽織とか有名なブツが沢山並んでいたものの、最初の仏像のインパクトが大きかったので全体的には地味な印象。(個人の感想です)

というかんじで二泊三日のあわただしい旅行終了。

スポンサーサイト
___________________________
未分類


青木薫画伯HP
2012/09/18 18:10 |
アートマスターズスクールで拙講を受講いただいていた青木薫さんが、奄美諸島の加計呂麻島に移住され、肖像画の受注制作のホームページを立ち上げられました。
http://iperuipe.jp/

会長・社長の就退任、叙勲等の記念品や、結婚や出産、敬老のお祝い、あるいはご家族の思い出の品等お考えの方、よろしくお願い申し上げます。

島の生活をつづられたブログも、とても面白いです。
http://iperuipe.jugem.jp/
___________________________
未分類


高森 幸雄さんのオフィシャル ウェブサイト
2012/08/20 20:40 |
現在日本大学芸術学部在学中の高森幸雄さんが、ウェブサイトを作られましたのでご紹介させていただきます。
http://yukio-takamori.jimdo.com/
氏は塗料化学等を研究されていて、私の油絵具についての色々な疑問について、いつも科学的で明解な回答をいただいております。

質問のある方は、こちらにお邪魔してみるとよろしいかと。
2012年 11/2(金)〜11/4日(日)

高森と高山 2人展

日本大学芸術学部 江古田校舎

西棟7階Cアトリエ

スクリーンショット(2012-08-20 20.37.12)

高森さんの油彩作品

スクリーンショット(2012-08-20 20.36.13)

17歳の時の御作品

___________________________
未分類


歴史的中発見かも
2010/11/30 14:30 |
「旧御物 蒙古襲来絵詞」といってもピンとこない方も、この絵はよくご存知か
と思います。

genpon.jpg
旧御物本(原本)


鎌倉時代に元が来寇した際に蒙古兵と戦った武士を描いた絵巻物の一部で、教科
書等では元寇を語るとき必ずと言っていいほど使われる場面です。
「てつはう」という火薬をつめた玉が炸裂している所が描かれていることでも有
名ですが、実はここに描かれた3人の蒙古兵と「てつはう」は江戸時代の加筆だという
説があります。

私がこの説を知ったのは一昨年に歴史物の番組を見ていた時で、それ以前にも一
部新聞にも載っていたようですが、その時はさほど大きく扱われてもいなかった
ので、少し興味はあったものの詳しくは知りませんでした。

私は高校生になってから西洋古典絵画に猛萌えしたのですが、それより前の小学
校4、5年ころからは日本美術が好きだったので、今でもヤフーオークションで
古画を時々見ては楽しんだり、安い物をたまに買ったりしています。

そして昨年ヤフオクに蒙古襲来絵詞の模本が出品されていたので何気なく見てみ
ると、くだんの場面に蒙古兵とてつはうが描かれていませんでした!
くわっ!!と思ってすぐに他の模本の有無を検索してみると、江戸時代後
期、松平定信が作らせた模本(楽翁本)やそのまた模本等は何種類
か出て来きますが、どれも3人の蒙古兵とてつはうが描かれたものばかりで、ヤ
フオクに出ている様な模本は全く見つかりませんでした。
rakuo.png
楽翁本(模本)
qdai.png
九大本(模本)

ヤフオクの説明文を読む限り出品者はその事には気がついてない様でしたが、ど
うしたものか手をこまねいて見ていたら、出品者の希望価格に届かずに終了して
しまいました。
気になったまま数ヶ月経過した後、このままだとせっかくの重要資料がまた人知
れず埋もれてしまうのももったいないと、出品者に連絡をとったところまだ売れ
ずに残っていました。
資料としては重要でも美術品としての価値は模写ということで低いので少々躊躇
したものの、思い切って購入し、「絵巻捏造説」を発表された先生にお知らせし
た所、この様な絵巻は見た事が無いとの事で、やはり未発見の史料であることは
間違いない様です。

先生の著書では御物本の「てつはう」の場面の蒙古兵の描線等が他の場面と
大きく違う事や、馬の後ろ足に生えている松が不自然である事を指摘して捏造で
あることを喝破されているのですが、確かに私の買った模本(以後「古吉本」と
便宜上呼びます)の馬の後ろ足を見ると、松は無く丁度そこが欠損している様に
描かれています。

fr.png
古吉本

この絵巻は元々傷みがはげしかったため江戸後期に修理され、その際に錯簡(紙
継ぎの順序の間違い)や加筆が行われてしまった様ですが、先生はくだんの
場面を調巻にかかわった福田大華という絵師が描いたものではないかと推察され
ています。

ネットで検索するとこの絵師は「故実や武器・武具にも詳しく云々」とあり、い
かにも「てつはう」を描き加えそうな人物なので間違いないものと思えます。
古吉本は他にも先生が推理された通りの紙継ぎの順になっています。古吉本
が最初の模写なのか模写の模写なのかは不明なものの、少なくとも楽翁本以前の
状態を模写した模本である事は間違いないと思います。

すでに教科書等では捏造(便宜上捏造と呼びますが、当時としては必ずしも悪い
事とは思わずに加筆していたと思われます)の場面らしいということで他の場面
に差し替えている本もある様ですが、先生の説に反論している方もおられま
すので、出来ればどなたかに古吉本を詳しく研究いただいて事の真偽を明らかに
していただきたいものと思います。


ところで、歴史上の有名な事柄はたいてい調べ尽くされているものと思っていま
したが、意外とこれまでの研究はけっこういい加減なものも多く、一次資料を読
み込んでない様な学者が権威だったすることもあり、最近になってようやく常識
をひっくり返す様な研究が次々となされています。

以前紹介した「源頼朝像=足利直義像」も明らかに今までの研究がお粗末で、新説
は信じるに足るものなのに、学者さんというのは今まで書いたものがひっくり返
されるのは非常に都合が悪いようで、この説でさえ理屈にもならない理屈で否定
しようとする学者さんがいることには驚きます。

藤本正行氏の「鎧をまとう人びと」という本は歴史と美術に通じた筆者が絵画史
料を読み解く優れた本で、たとえば以前足利尊氏像と言われていたこの絵

スクリーンショット(2010-11-27 18.23.14)


の鐙に
かけた足が後ろに向いてるのを見て、像主は怪我か病気で足がこのようになって
いるのだと思っている学者がいることが書かれています。
古画ではこのように足の向きがデッサン上はヘンになっていたりするのは、古い絵が
好きなら誰でも知っている常識で、筆者は一次史料であるはずの絵画への知識や
関心が無さ過ぎる事を嘆じておられます。この本は洋画には関係ありませんが歴
史好き・日本美術好きの方にはおすすめです。



___________________________
未分類


牡蠣
2010/01/04 14:44 |
絵とは関係無いんですけど、広島の妹は宮島の対岸の
「地御前」で牡蠣の養殖してる所に嫁いでますが、旦那
がBS日テレの「皿の上の物語」という番組に出るそうな
ので、牡蠣好きの方よろしくお願い申し上げます。

1/7と1/14放送です。

http://www.bs4.jp/guide/document/dish/onair/index.html

DeTroy.png
フランソワ・ドゥ・トロワ「牡蠣の昼食」
___________________________
未分類




| TOP | NEXT