FC2ブログ

Top | RSS | Admin

2018.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2018.12


自然光について追記
2018/10/28 14:32 |
先日、鳥越一穂画伯のツイッターに「演色性は絶対的に高い方が良いですが色温度については業界の基準を決める為に統一した方が良いだけで、はっきり言って好みでしょうね。入手性から私も5000Kで揃えていますが写真関係は5500K、映像系は6500Kあたりが標準のようです。古吉弘画伯は7200Kが自然と感じられるようです。」とあり、それについてどなたかは存じあげませんが、「古吉画伯7200Kって(^^)」 というコメントがありました。

https://twitter.com/torilogy_/status/1055615385620275200

7200Kというのは私の使っているクール色蛍光灯のもので、「青すぎでしょう(笑)」という意味のコメントだと思うのですが、名指しの公開コメントなので、私の考えも公開で書いておく必要があると思い、先日のブログ( http://paintingsfuruyoshi.blog56.fc2.com/blog-entry-522.html )の補足の意味でもこれについて述べたいと思います。(ツイッターはやらないのでブログで)

ririieeiopgg.jpg


先日の私のブログで、同じ絵を直射日光・直射日光を当てない屋内自然光・クール色蛍光灯の3通りで撮った画像を載せました。

直射日光
mnjmnkmggklfl.png

直射日光を当てない屋内自然光
hyghfrtjurijer.png

クール色蛍光灯
wppwoejg.png


なぜ「直射日光を当てない屋内自然光」なのかというと、直射日光ではまぶしくて描けないし(特に白人は瞳の色が薄いため、目に入る光の量が日本人より多いためまぶしさにたえられないし、日本人でも直射日光は無理がある)、直射日光の当たらない時間は制作出来ないということでは仕事にならないので、昔の画家たちは直射日光ではない屋内自然光で描いたはずで、電灯のない時代の絵画制作の通常の照明は、これ以外考えられないからです。(ロウソク等の火の照明の使用は、色彩が分からないためかなり限定的なはず)

で、その屋内自然光とクール色蛍光灯で撮った画像を見比べると、さほど大差は無いというか、むしろクール色の画像の方が、屋内自然光よりも若干黄色味が加わっています。

撮影した場所の周りの色に影響されることはあるとは思いますが、今回屋内自然光で撮った部屋はどちらかというと茶色いものが多く、ごくうすい水色のカーテンは束ねた状態で撮ったのに対し、クール色で撮った部屋はさほど茶色が目立つ部屋ではなく、ここにもあるうすい水色のカーテンは広げた状態で撮ったので、むしろこちらの方が青に傾きやすい環境での撮影でした。

これが5000Kのライトであれば、かなり黄色に傾いた色になると思いますが、5000Kのライトは持っていないので残念ながら同じカメラで撮っての比較は出来ません。

5000Kで制作しておられる鳥越画伯の絵は、西洋古典絵画から比べるとちょっと黄色がかっていて、森本草介先生の様な色調に近いものを私は感じるので、やはり5000Kはかなり黄色いのだろうと思います。

もちろん黄色っぽい絵にするか、青っぽい絵にするかはそれぞれの好みの問題であることは言うまでもありませんが、私は先日のブログで、個人的な好みや自分の感覚について書いたのではなく、「古典画家が描いてた光ってこっちのはずじゃないの?」という話で、誰もが屋内自然光に近いライトで描かなければいけないという話ではありません。

私の目標は高校生の時から一貫して「なんちゃって西洋古典絵画」が描けるようになることですが、その西洋古典絵画は、例外はあるにしても、総じて冷たい色調で描かれていると私は認識していますし、青木敏郎先生も、「古典絵画的な良い色調で描くには、寒色調に傾ける様に心がけるように」という趣旨の事を若い時に言われました。

ヨーロッパは日本より北にありますが、北になるほど自然光の青みは増すそうで、ツアー料金の安い冬しか行ったことはないけど、確かにパリで中庭とかに入ると、日本とは違う青味を感じた記憶はあります。
西洋古典画家は日本人が思っている以上に青っぽい光の中で制作していたと考えていいのではないでしょうか。

6年前のブログ(http://paintingsfuruyoshi.blog56.fc2.com/blog-entry-307.html)に、西洋古典絵画の寒色の入れ方の上手さと美しさを取り入れたいという話を書きましたが、彼らが寒色調で描くのはこのような理由が大きいのかもしれません。

古典画家が制作していたのと同じような光のもとで古典絵画を見たい・描きたいと思っている同志が世の中にはほとんどいないどころか、珍な感覚として笑われちゃうのかぁ...と、ちょっと残念な気持ちです。
スポンサーサイト
___________________________
制作過程


自然光
2018/09/30 10:54 |
私は現在、クール色の蛍光灯(パナソニック)で絵を描いていますが、これよりも自然光に近いライトがあるのなら、それを使ってみたいと思っているのですが、時々見かける「自然光を再現したので色に関わる仕事の人に最適」などと称する高価なライトは、どれもオレンジがかった黄色い光のライトで、私の目にはどうみても実際の色が分かりにくく、絵が描けるような光の色に見えません。
(「黄色」じゃなくて正しくは「赤」なのかもしれないけど。私は光についての基礎知識は何も無いので、ここはド素人の印象として「黄色」で通させていただきます )

絵画制作用ライトを出している某社HPの、蛍光灯との比較写真を見ると、そのライトで照らした絵は明らかに赤に傾き過ぎていて、蛍光灯では寒色と調和して奥行きがあるように見える作品が、そのライトでは全体が赤くて寒色がつぶれ、平板な印象になってしまっています。

美術館のライトもそうで、以前にも書きましたが、私が展覧会を見に行くことに消極的な理由のひとつは、黄色いライトで照らされていて本来の色が分からないからでもあります。

国立西洋美術館
ksb.png

ロンドン・ナショナルギャラリー
eijroperidh.png

むかし某出版社から、「徹底的に色校正をして本物の色調に近づけました」とうたう美術館全集が出た時に、期待して開いて見たら、どれも黄色がかった色で印刷されていてがっかりでしたし、写真屋さんにプリントしてもらうと(今は自宅でプリントしてますが)たいていが赤黄色調に傾いてるし、絵を美術撮影のプロに撮ってもらっても、たいていは赤黄色調になってしまいます。

それらプロの仕事は、光に関する知識を持っている人がやっているはずなのに、この齟齬はいったいなんなのか、光に詳しい人に聞いても、ライトを出している某社が言っている説明は理論的には正しいそうで、データを見せてくれたり色々説明してくれるんだけども、理科で30点以上とったことのない私にはチンプンカンプン。

科学的には正しくても、私の見た目にはどう見ても黄色に傾むき過ぎていて、正しい色の再現になってないのは何故なのか、ナゾは深まるだけでした。
(「正しい色」というものがなんなのかということは、これまた理論的にはややこしい問題のようですが、ここでは単純に「私が見て黄色がかってると思わない色」という非科学的な意味で使わせていただきます)

で、長い間疑問だったわけですが、最近ふと、プロ達が言っている自然光というのは、直射日光のことではないかと思い至って、それならばなぜこの矛盾が起こるのかが説明出来るように思います。

直射日光は言うまでもなく黄色がかってますが、直射日光ではないけども外から入って部屋の中を明るくしている自然光は黄色調ではない、というか少し青色調。

↓こういうことですよねえ。
moyggffss.png

ddiufiyjuyo.png

以下の3枚は、同じ絵を直射日光・直射日光を当てない屋内自然光・クール色蛍光灯の3通りで撮った画像です。

↓直射日光
直

↓直射日光を当てない屋内自然光
室

↓クール色蛍光灯
蛍光

人それぞれの色の好みはさておき、一番色がまともなのは「直射日光を当てない屋内自然光」、つぎに「蛍光灯」、「直射日光」は本来あるべき色調ではないことはお分りいただけると思います。(ちなみにこの絵は昨年イーベイで買った作者不明の19世紀末の絵です)

ダ・ヴィンチも「絵を描くには曇りの日の内庭の回廊で描くのが良い」みたいなことを手稿に書いてたような気がするんですが、それは高校生の頃に読んだので、記憶が正しいかどうかちょっとわからないんですけど、たしかに光の加減としてはそれくらいがベストなかんじで、自然光ライトを作ってくれるのなら、そういう光のものを作ってもらいたいし、美術館もそういうライトで照らしてもらいたいし、その光を基準に画集の色校正をしていただきたい。

キャンバスに直射日光を当てて描いてる画家なんてほぼいないと思う(色が分からないし、まぶしくて描けないし、曇りの時間は制作出来ないじゃん)ので、直射日光の色を再現したライトで絵を照らしても、画家が制作時に意図した色彩はぜんぜん表現出来ないから、自然光=直射日光という考えを基準にしたライトで絵を照らすのは間違ってますよね、というのが私の結論ですが、私は色感覚が鈍いし、光のプロがやってることより私の考えの方が正しいということがありうるのだろうかということで、誰かそこんとこ教えていただきたいものです。
___________________________
制作過程


第559回毎日オークション
2017/12/10 17:36 |
昨日行われた毎日オークションに2011年の三越個展に出品し、お客様にご購入いただいた10号の絵が出ていましたが(今回は私の出品ではありません)、なんと当時の17倍の781万円で落札されていました。(手数料込み)
11.jpg

777万円で家が建つ!(美川憲一)っつーくらいの高額落札に、自分には入らないけど入札いただいた皆様に心より御礼申し上げます!

先月は制作に時間がかかって、自分での出品は出来ませんでしたが、近々ヤフオクに出品してブログで告知させていただきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
___________________________
制作過程


モデル撮影
2017/12/04 14:38 |
まだ先の話ですが、2019年のクリスティーズの出品作は、モデルさんに床に寝てもらって上から見た構図にしたいと思っていますが、上からどうやって写真を撮ればいいのか、思い出せる上から見た構図の日本の絵をいくつか検索してみると、それらはどれも真上からではなく斜め上から見ている事が分かり、困ってますと友人Aさんに話したら、真上から撮影可能の撮影スタジオを探し出していただきました。

(株)ジオ・イメージ・ワークスさん(http://www.geost.co.jp/)

ついでにプロに撮影も頼んではどうかと提案いただき、たしかに自分はカメラ知識がほぼゼロで、お任せモードで暗・中・明の3通りで撮影してるだけなので、出来上がる写真はあんまりきれいじゃないのですが、写真をそのまんま引き写しているわけではないし、人に頼むとファインダーを見ながら微妙な角度とか服のシワとか手の表情とかがチェック出来ないのではと思い、今まで撮影を人に依頼するという発想がありませんでした。
しかし最近油絵の制作数を大幅に減らしているのでポーズは少しですむため、そこはカメラマンさんとじっくりとつめればいいし、絵が高くなったおかげでそういうことにもお金を使える様になっているので、今回はジオ・イメージ・ワークスの森様に撮影もお願いする事に。

西新宿の撮影スタジオでは、天井に穴が開けてあってそこから撮影していただきましたが、階下に置いてあるiPadに撮影いただいた画像が即転送されるので、階下でチェックしてポーズや服の形等を修正しては階上に声をかけて撮っていただくのでスムーズに撮影終了。

出来上がった写真は、プロからすると当たり前なのかもですけどさすがきれいで、色調は良いし(好みに変えていただけます)白飛びや暗い所がつぶれたりしてないし全身にピントが合ってるしで、しかも料金はスタジオをお借りして撮影もお願いしたのにびっくりするくらい安くて、今まで自宅で撮っていたことを後悔。(料金は撮影条件やスタジオ使用時間等によって変わりますのでお問い合わせ下さい)

とはいえ色々衣装を変えてもらったり、椅子やチェロ等と組み合わせたりという場合は自宅じゃないとということもありましたが、Aさんに「自宅に来てもらって撮影する手もある」と教えていただき、これも目からウロコ。

写真を使って描いていないかの様なことを言ってるけど、実は写真を使ってるそこな写実画家のあなた、おすすめです。

モデルさんは(株)シュガー&スパイス(http://www.sugar-spice.co.jp/)のアデレード・ヤングさん
ogorhuvjfc.png
___________________________
制作過程


ARTcollectors'(アートコレクターズ) 2017年 12 月号
2017/11/25 13:10 |


11月25日発売のARTcollectors'(アートコレクターズ)2017年 12 月号【巻頭特集】虜になる写実絵画 の「グラビア 作家の年代順に見る今年の「写実画」名品20選!」に1ページ記事と拙作の掲載いただきました。

mtyjildshuk.png

ご高覧賜りますと幸いに存じます。
___________________________
制作過程




| TOP | NEXT