Top | RSS | Admin

2017.02 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.04


春日大社展
2017/02/01 13:50 |
京国立博物館 平成館で開催中の、奈良・春日大社に伝わる名宝を展示する特別展「春日大社 千年の至宝」を拝観してきました。http://kasuga2017.jp/

平安時代に奉納された宝物が多く伝わっているので「平安の正倉院」と称されたりしていますが、断片的にしか知らなかったので、本展にずらりと並べられている大小沢山の御神宝を見ると、よくこれだけのものが平安時代から伝えられてきた事に驚きます。
最も目を集めていたのは平安末期に奉納された「金地螺鈿毛抜形太刀」で、最近の復元のための調査で鍔や柄などの金具がメッキではなく金無垢とのこと。
pouergh.png

私が今回一番好きだった展示品は、江戸時代の木彫の「鹿座仏舎利」で、写真でしか見たことがなかったので、全高20㎝くらいあるのかと思っていたら、わずか10.7㎝でこの画像の2/3くらいの大きさしかない精緻なもの。

ngfndypl.png

もう一つの今回の眼福は宮内庁三の丸尚蔵館所蔵の「春日権現験記絵」で、この絵巻物は絹に描かれているために痛みがひどく、開くことも出来ないため状態だったために、絵巻全集が刊行された際も本作ではなく模本が掲載されていましたが、現在までに修復が終わった巻が展示され、初めて見ることが出来ました。(三の丸尚蔵館では展示歴あり)

作者の鎌倉時代末期の絵師高階隆兼は、日本の画家の中では個人的に特に好きな1人だし日本絵画史上屈指の巨匠だと思いますが、一般にはほとんど名前が知られていないのは残念なことです。
隆兼は大和絵を究極にまで洗練させた頂点にいる人ですが、真面目過ぎて面白くないという見方もあるようで、大和絵界のブグローみたいな存在と言えるかも。
本展では隆兼よりは名が知られている渡辺始興や冷泉為恭の描いた春日権現験記絵の模写も展示されていますが、模写とはいえ線描の流麗さや格調の高さなどは隆兼の足元にも及ばず、ここで比較したいけど残念ながらネットに画像が落ちてませんでした。
ガラス越しで単眼鏡無しでは難しいですが、比較してみるとより一層面白く見れると思います。

他にも絵画・彫刻・工芸・資料が沢山展示され圧巻の展覧会でした。
3月12日まで。
スポンサーサイト
___________________________
日々雑感


謹賀新年 2017
2016/12/31 21:47 |
明けましておめでとうございます

coq14.jpg


昨年も拙ブログをご覧いただき、誠に有難うございました。
最近少々サボり気味ですが、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

平成二十九年  元旦
___________________________
日々雑感


いただきもの自慢
2016/08/01 18:02 |
暑中お見舞い申し上げます。

今回はお客様から最近いただいたモノ自慢を….

これは長年お世話になっておりますお客様からいただいた北宋時代の白磁瓶。
dughskbn.png

昨年いただいたのですが、高さ5.5㎝なのにちゃんと水も入るので、小さな花を入れた画像にしたいと思って良い花を探していましたら、せっかく買っておいたミニバラが枯れたりで延び延びになり、結局近所の公園に咲いていたクローバーの花を入れてみました。
この瓶(浅学にして正しくはなんと呼ぶのか、何に使うために作られた物なのか知らないのですが)の形や、丁寧すぎず雑すぎずの作りがなんとも味わいがあって、古陶の良さを楽しませていただいております。

なんでもかんでも古い物の方が良いというガチガチの擬古主義者ではないつもりですが、戦後の一流作家の陶器にどうも好きな物が少ないのは、陶器を無機質なくらいきれいに整え過ぎて、この小瓶のような多少のゆがみやへこみやキズは気にしないおおらかさが無いために、味わいに欠け陳腐なのではないかと思います。

同じ方からいただいたこちらは「古代ガラスー銀化と彩り」という本にも掲載されているローマングラスの広口瓶で、4〜5世紀の物とのこと。
fdlisfgd.png

ローマングラスは前々から何か1つでもほしいと思ってはいたものの、本物かどうかまったく見分けがつかなくて手が出せないでいましたので、思いがけなく頂戴して、これまた味わい深い形や風化によって出来た表面の銀化の面白さを楽しんでいます。

⬇は別の方からいただいたのは大量の陶器片。
dojdfnhv.png

福島にお住まいの方で、昨年お話しした際、「震災の際にコレクションしていた陶器がほとんど壊れてしまったけども、捨てるのも大変でまだ残っている」とのお話でしたので、捨てるくらいなら下さいとお願いして送っていただきました。

まず分類。パズルみたいでけっこう面白い作業でした。
reghjreik.png

絵に描くにはキズがあってもかまいませんし、割れててもかえって面白いので、このあと絵に使えそうなものを瞬間接着剤で組み立て。
lyiihdrg.png

和陶器は油絵にはちょっと合わないかんじのものが多いのであんまり描かないんですが(作家の腕の問題です)、なぜか中国陶器は油絵に合うかんじのものが多くて、これは中国風の模様できれいなので使わせていただく事に。

そして最近いただいた物に、先日ブログに書いたコレクターAさんからいただいたギュスターヴ・ジャン・ジャッケの水彩画。
dfhtrnj.png

ジャッケは以前ブログに書いた事のある(http://paintingsfuruyoshi.blog56.fc2.com/blog-entry-152.html)大好きな画家ですが、Aさんが海外のマイナーなオークションに水彩画が出ているのを見つけて教えていただいたものの、
画像が小さくて良い物かどうか判断がつかなかったので見送ったら、Aさんが落札して「安かったので」と気前良く下さいました。
実物を見るとさすがの筆さばきで間違いなく本物。もらった物なのにアレですがたしかに安い!
dfhbdfjgn.png
dfghndfghnf.png

というわけでAさんを通じて海外の中小美術品サイトからも手に入る様になったため、最近はそっちのチェックもする様になったら先日大物を掘り出しました。
その件はまた後日….
___________________________
日々雑感


コレクターAさん
2016/04/01 08:32 |

最近お友達付き合いさせていただいている美術愛好家のAさんは、主に19世紀の彫刻や絵画がお好きで、内外のオークション等から購入された沢山の大理石やブロンズの彫刻等を御自宅で拝見させていただいていますが、これは最近サザビーズで購入された私も大好きなシャルル・シャプラン(Charles Joshua Chaplin)。
dkjlerghke.png

⬇この絵で有名な人ですが、さすが色がきれいで上手い!
fdawef.jpg

パリの画廊から購入された、カバネル(Alexandre Cabanel)筆の現在イギリス大使館になっている館の天井画のためのデッサン。
wedgalkj.png

adfadetyk.png

spaorthtj.png

イポリット・ベルトー(Hippolyte Berteaux)という画家の劇場の天井画用のデッサン。ipuoyklh.png

wsohkkodft.png

ghfrgskledf.png


いずれも興味深いデッサンで、なかなか日本では見る機会の少ない物ですが、最もうらやましいのはフランスのオークション会社で落札されたブグローのこのデッサン。
(ちゃんとした写真じゃなくてすみません)
cndbsfj.png

qepiwdrwo.png

dbgrey.png

このデッサンによる完成作は、私が高校生の時に「芸術新潮」の日本の画廊の広告で見たもので、ブグローの絵を見るのもそれが初めてでしたが、メチャメチャ上手くて強く印象に残った1枚で、そのページ切り取ってずっと持っていましたが、そのデッサンを直に見れる事が出来て感激です。

芸術新潮1975年4月号⬇
estergbt.png

ghfdhfhjg.png

この絵はブグローのカタログレゾネによると現在行方不明で、もしかしたら日本のどこかに人知れず所蔵されているのかもしれません。


Aさん所蔵のデッサンは最初のデッサンで、下(所蔵者不明)が最終決定のデッサンと思われます。
bituyrot.png

⬇顔の特徴からこの子がモデルと思います。
(この作品も現在行方不明)
ewtiuorto.png

そして先日また⬇このブグローのデッサンもご購入とのこと。
imagggre1.jpeg

完成作はフィゲラスのダリ美術館所蔵の「浴後」⬇で、これの貴重な最終デッサン。
うらやましすぎる。
tyrwesvgj.png

他にも紹介しきれない色んな美術品を沢山お持ちですが、気に入れば現代の作品もよく買われていて、こちらは先月の芸術新潮のカラヴァッジョ特集にも出ていたロベルト・フェッリ(Roberto Ferri https://www.google.co.jp/search?q=roberto+ferri&biw=1324&bih=955&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi7rq749t3LAhVIVZQKHcHSA54Q_AUIBigB)の作品。

weoytiujbnc.png

この画家は以前からネットで見て興味はありましたが、まだ36歳で絵を描きはじめたのも10年前という事にびっくり。
実物は見た事がないので拝見が楽しみです。

日本の美術コレクターさんは、たいていは横並びで同じ銘柄の物(日本画の◯山先生とか)ばかり集めている人がほとんどなので、こういう本物の美術愛好家さんは有り難い存在です。






___________________________
日々雑感


2014/2015ARCコンペ
2015/06/24 13:58 |
これまたブログに書くのに時間が経ってしまいましたが、2014/2015 インターナショナルARCサロン・コンペティション(http://www.artrenewal.org/pages/salon_winners.php?contest=2014-2015%20Salon&page=Main)で「インターナショナル・アーティスト・マガジン賞」をいただきましたのて自慢させていただきます。
毎回言ってますけどみんな上手いっすねえ。。。私は小ささとモチーフの多さでごまかしてますが、あちらさんは基礎がしっかり出来てて人体構造も明暗も色彩もバッチリなのでヘコむわー。
個人的な好みとしてこれとか好きです。
http://www.artrenewal.org/pages/viewartwork.php?filename=/artwork/2014-2015%20Salon/12392_5516_Xeus_Figurative_The%20Light%20Guardian_primary_image-large.jpg

http://www.artrenewal.org/pages/viewartwork.php?filename=/artwork/2014-2015%20Salon/11352_5157_Mills_Figurative_Minna_s%20Patchwork%20Coat_primary_image-large.jpg

___________________________
日々雑感




| TOP | NEXT