Top | RSS | Admin

2017.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.05


サー・トーマス・ローレンス
2017/01/12 15:02 |
私が最初に油絵を描いてみたいと思ったのは多分小学5〜6年ころで、むかしデパートとかでよく見かけた「泰西名画」の複製の中で、モナリザとかミレーとかセザンヌとかは興味がわかなかったけど、サー・トーマス・ローレンス(Sir Thomas Lawrence)の「マスター・ランプトンの肖像」はメチャクチャ上手いので、これが描けたらかっこいいと思った事は覚えています。
pyiukghfy.png

小学生から中学生にかけては日本と中国の絵に夢中で、高校生頃から西洋古典絵画に変わりましたが、モナリザやミレーやセザンヌには特に興味はないけど、ローレンスは大好きだという好みは今でも変わりません。

高校生から20代にかけてローレンスは何枚も模写しましたが(⬇4枚はその一部)、当時は画集もほぼ無くて、模写出来る図版を探すのに苦労しましたが、最近は見直されてきたのか画集もいくつか出てきて、オークションでの価格も高くなっている様です。
nbfygeier.png

owuewfub.png

dsifylkh.png

bcvdsgu.png

さて昨年友達のコレクターAさんから教えてもらった海外の美術品販売サイトをなにげに見ていると、ふとこの絵が目につきました。
dfgjkghf.png
(販売サイトの画像)

頭はローレンスの絵に見えるけど、モナリザポーズの体や背景はえらくヘタクソ。
fdgihdlder.png

jtdfjrsder.png

「上手いけど顔を描くとヘタクソな画家」は多いけど、「顔は上手いのに他はヘタクソな画家」はめったにいません。
ローレンスは頭だけ描いた絵を沢山残しているので、つとめて冷静に頭部を見直してみましたが、表情といい色といいタッチといい、頭はローレンスに間違いないと判断。
キャンバスのサイズ24×20インチもローレンスがよく使っているものとぴったり同じ。

ちょうど少し前にBSプレミアムで再放送していた「スリーパー 眠れる名画を探せ」http://cgi2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009010685_00000にも、ローレンスの頭だけの作品に背景を描き足した絵を掘り出すっていうのを見たばっかりでしたが、よもや自分にもその機会が転がり込むとは思っていませんでした。



サイトには「Attributed to Sir Thomas Lawrence」(サー・トーマス・ローレンスと思われる)としてありながら、ローレンスとしては安過ぎる日本円でXX万円の価格で出ていて「値引き交渉可能」とのことなので、英語が出来ないためAさんにお願いして値段交渉していただくと、3割引のXX万円になり思いきって購入。

間違いないとは思いつつも、いざ買ってしまうとサイトの画像で見る顔の平板さや、向かって左側の口の端が不自然なのが気になってきて、もしかしたらローレンス派の上手い画家の作品の可能性も...と心配ではありましたが、実物が届くとやっぱり本物と確信出来る絵でした。
hddfhjl.png

ローレンスは当時絶大な人気があったため、よく似た絵を描いた作家は多いのですが、それらは本物に比べるとやはり格段に力量の差があり、描写に硬さもあってここまで描ける作家はいない様に思います。

口の端は少し修復の加筆が施されている事が紫外線ブラックライトで照らして分かりました。
jfgdiotrd.png

dslignhdr.png

(⬇800円の時に買いましたが、2900円だったりするので高い時は他の出品と比較して下さい。)



鳥越一穂画伯に、ブラックライトはニスが塗られている部分が白く見えるということを教えてもらいましたが、体やバックの加筆は古いせいかその上にニスが塗られたりしていてブラックライトでも加筆との区別がつきにくく、X線にかけたり補筆部分の除去をしないとオリジナルの境目が判然としません。
vbsjkdgf.png

顔のまわりのブルー(プルシアンブルー?)はローレンスが好んで使った色と同じに見えるので、このへんと白い襟あたりまでがオリジナルかなと。
私の知る限りではローレンスは絵にサインを入れないみたいなのでそれは出てこないけれども、将来出来れば修復家に加筆部分を取り除いてもらって元の姿に戻したいものです。

スポンサーサイト
___________________________
買い物プギ


ロンドン・パリ廻國雑記 パリ篇
2014/04/06 13:53 |
夕方モンパルナスのホテル「プルマン・パリ・モンパルナス」に到着。

高層ホテルで部屋も広いし設備も申し分無し。
ホテル前に空港行きのバス停があるし、モンパルナスは回りに観光スポットは無いものの、交通に便利な場所なのでおすすめのホテル。
16階に宿泊しました。
ghhjjkii.png

翌月曜日はクリニャンクールの蚤の市へ。
ここもほぼすべて見て回りましたが、状況と感想はポートベローと全く同じ。
何一つ買わずに終了。

サンタンヌ通りで味噌ラーメンを食べてからパサージュ(小さな商店の並んだアーケード街)めぐり。

difefgeuior.png
(画像出典:http://delicesdhelene.over-blog.com/article-les-fils-a-maman-paris-9eme-117082298.html)

パサージュ・ジョフロワでやっと今回初めてのモチーフの買い物。
といっても2ユーロの紙表紙本5冊と1ユーロの古い封筒20枚のみ。
uryhjutyj.png

ギャルリー・ヴィヴィエンヌ(パサージュ)からパレ・ロワイヤル(元リシュリュー枢機卿の館で現在は小さな商店が並ぶ)を通ってルーブル美術館地下の美術書売場へ。
1時間半くらい物色しましたが、ネットでタダで画像が拾えるしそっちの方が色が良いので、それでもなお数千円出して買いたい様な本はそうそう無く、結局何も買わず。
ルーブルの中庭からバスに乗って今度は百貨店ル・ボン・マルシェへ。
以前来た時は床がギシギシいうような古いデパートで、閑散とした寂しい店だったのが大改装されていて、一階の食品売り場はおしゃれ食品がぎっしり。
食品フロアだけで1時間くらい眺めてカラフルな菓子とか瓶入りスパイスとかリキュール漬け果物とか購入。

翌火曜日は午前中に電車でヴェルサイユに。
目的は「王の菜園」で古い品種の果物や野菜を買って種を手に入れる事でしたが、売店が臨時休業で入れず宮殿をざっくり見てパリに戻り、カルチェラタンの中華料理「Mirama」http://www.gnavi.co.jp/world/europe/paris/w335054/で雲呑麺とイカ野菜炒めの昼食。
美味しかったので翌日もここで食べました。

食後ルーブル美術館近くの「ルーブル・デザンティケール」(Le Louvre des Antiquaires)http://www.louvre-antiquaires.com/へ。
jgrirrgn.png

(画像出典:www.lesitedelevenementiel.com/le-louvre-des-antiquaires-paris-1er-location-salle/)

3フロアに250軒の骨董店がずらっと並んだアンティークの殿堂。骨董には上手(じょうて)と下手(げて)の区別があって、「上手物」は精巧・豪華・洗練されているものを指し、「下手物」はその逆のものを指しますが、蚤の市などは上手と下手が混ざっていて下手の方が多めなのに対し、ルーヴル・デザンティケールは主に上手の物を扱う店の集まり。
買ったことは2.3回しかないものの、パリで一番楽しみなスポットだったのですが、今回入ってみると8割か9割くらいの店が閉店していてショック。
集団移転したのか、不景気か富裕税のせいで廃業したのか事情はさっぱり分からないのですが、骨董業界がふるわなくなっているのだとしたら寂しい限り。

次にプティ・パレ美術館(http://www.petitpalais.paris.fr/)へ。
19世紀絵画の展示も多くて好きな美術館ですが、最近改装されて展示が増え、書籍売場は充実してカフェもおしゃれなおすすめスポット。
fgirtjkrjg.png

ghjfgggbjkc,


fjreytyjkt.png
ブグローの祭壇画


jrewprwe.png
⬆自分の目の位置より高い場所にあるのでちゃんと撮れずすみません。
微妙な色がまだらに入っているのは、いったん描いて乾いた上に不透明の絵具をこすりつける様に塗ってるように見えました。

夕方またボン・マルシェに行って今度は全館見物してから通りがかったLe Grand Bistro Breteuil (http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g187147-d718811-Reviews-Le_Grand_Bistro_Breteuil-Paris_Ile_de_France.html)というフランス料理のレストランへ。
ちゃんとしたレストランとしてはお手頃な値段でエスカルゴとソールムニエル美味でしたが、ギャルソンが目の前で舌平目の縁側をささっとかっこよく取り除いてくれ、「そ、そこは美味しいとこ〜….」と心の中で号泣。

翌水曜日は帰国日。
オルセー美術館の書籍売場に行って物色すると、今までは無かった様な19世紀絵画の画集がけっこう増えていたものの、ルーブルでの感想と同じで何も買わず。
レ・アール界隈の雑貨店をめぐってモチーフ探しをし、瓶詰めの菓子などを買ってホテルに戻り、空港行きのバスが30分も遅れて超あせったものの無事ドゴール空港へ。
さすがに帰りはビジネスにはならずエコノミーで帰国。

骨董市用に大黒屋で買った現ナマ(交換レートが他より良いらしい)を握りしめて行ったのに、結局今回買えたモチーフはこれだけでした。
jhhfhgfhel.png

高校生のとき初めてパリに片道23時間かけて行った38年前とは世の中すっかり変わってしまい、インターネッツで今まで見る機会の無かった様なマイナーな画家の絵まで良い色で見きれないほど見れるし、足で探していた本やモチーフも家にいて簡単に見つかるしで、わざわざあちらへ行かなくてもほとんどの事がすむような時代になったという事を、あらためて確認する旅行となりました。

___________________________
買い物プギ


ロンドン・パリ廻國雑記 ロンドン篇
2014/03/31 23:41 |
新作は現在こんなかんじですが、このタイプの絵はいい味出してるモチーフが際限なく必要で、イーベイを毎日チェックして探すのも大変だから、ちょっとロンドン・パリに2月20日から8日間行って来ました。(忙しかったのでブログに書くのが遅くなりました)
ddhsjorp.png

パリは8年ぶり5回か6回目、ロンドンは20年ぶりぐらいで多分4回目。
よく「海外には何年くらいいたんですか?」とか聞かれるんですが、言葉は出来ないし費用も大変なので留学した事ありません。
パック旅行で行っただけで、長くても2週間しか滞在した事ないっす。

今回組んでもらった旅行は飛行機代とホテル代合わせて17万5千円。
冬は安いので、私は冬にしか海外旅行したことがありません。
もちろんエコノミークラスの予定でしたが、成田で全日空にチェックインすると、「本日は都合で申し訳ございませんがビジネスクラスに変更いただけますでしょうか?」とのこと。
後で聞くとビジネスはこの時期最安で48万円。高い時期だと70万とかするそうで、美味しい食事を食ったり、寝っころがって今はまっている「ノラガミ」を読んだりと、ラグジュアリーな12時間を過ごしてヒースロー空港に現地時間15時到着。
ana.jpg

ana2.jpg

ちなみに「ノラガミ」は野口哲哉先生に教えたら先生もはまりました。



ホテルは以前泊まった事のある「ストランドパレスホテル」。
P1070004.jpg

有名な超高級ホテル「ザ・サボイ」の真向かいで、ナショナルギャラリーやコベントガーデンも近い便利な場所にあります。

ホテルに荷物を置いたら夕方になったので、レスター広場の中華料理店へ。
ロンドンといえば中華で、その後も毎日食べたものの、昔に比べるとさほど美味しくなくなった様な….
行った店がハズレだったのかもしれませんが、ネット上にもそういう意見があるので世代交代とかのせいかも。
(とはいえ最終日の昼にかけこんだレスター広場近くの小さな中華料理店の雲呑麺と海老野菜炒めは美味しかった)


翌金曜日は朝Gray's Antique Markets(小さなアンティークショップが約200店集まった常設のマーケット)に。

⬇この画像はここ➡(http://www.timeout.com/london/attractions/grays-antique-market-grays-in-the-mews)からとったもので、開店の10時に行ったら1/5くらいの店しか開いてない。

gry.png

朝は客が少ないからのんびり開けるってことでしょうが、閉まっている店も片っ端からウィンドーショッピングするも、値段表示の無い品物が多いし、付いてるものは高い。
普段イーベイで安いものを見つけているだけに、何も買わないで終了。

昼食にコベントガーデン近くのフィッシュ&チップスの店「Rock and Sole Plaice」へ。
http://www.yelp.co.uk/biz/rock-and-sole-plaice-london

xkfeifeief.png

ガイドブックに載ってるだけあってんまい!
しかしこの写真ではそれほどで無い様に見えるけど、ポテトチップスの量がとんでもなく多く、半分も食べれなかったけどこれがレギュラーでラージもあるらしい。

食後コベントガーデンの雑貨店めぐりするもこれといって収穫無く、今度はナショナルポートレイトギャラリーへ。
http://www.npg.org.uk/

ナショナルギャラリーに隣接していて、イギリスの歴史上の人物の肖像画がずらりと並んでいる美術館で、ここは以前は空いててゆっくり見られる場所だってのに、改装されたせいか人が多くなってしまい、写真撮影はほとんどの絵がOKなのに難しい。サージェントやトーマス・ローレンスが何点か見る事が出来る良い美術館です。

ナショナルギャラリーは金曜日は9時まで開館とのことで、街のカフェで休憩して4時頃入館したら、一部の部屋がドンドン閉まり始め、レンブラントやフェルメールは見れずじまい。
とはいえ以前にも拙ブログに書いた様に、ナショナルギャラリーのHP(http://www.nationalgallery.org.uk/artists/)ではかなり拡大して見れる画像を公開してくれているので、実物を見る事に最近はあんまりこだわってません。

実物に勝るものは無いという考えの方もいますし、もちろん実物でないとよく分からない部分(絵具の盛り上がり具合とか)はあるものの、鼻先がくっ付くくらいに近寄れるならともかく、絵からけっこう離れての観察でよく見えないし、照明の色や明るさが十分でないし、見た情報はすぐに忘れてしまうしで、私はデジタル画像でゆっくり仔細に観察する方を好んでいます。

⬇美術館ででここまで見るのムリでしょ。

nbnbho.png

話はそれるけど、⬇この「ゲントの祭壇」のHPはすごい。
http://closertovaneyck.kikirpa.be/#home/sub=altarpiece

話それたついでに、9月に塩谷先生随行のベルギー・オランダのスケッチツアーがあるそうで、「ゲントの祭壇」も見学と云々。
詳しくは⬇
http://members2.jcom.home.ne.jp/ryo_shiotani/news.htm

翌土曜日は今回の旅の一番の目的、ロンドンで最大のアンティーク・マーケットであるポートベローへ。

bxyeur0tr.png

はしからはしまで、露天も小さな店が集まるマーケットもほぼ全部見尽くしたものの、ほしいモノはどれも自分の値踏みの2-3倍以上。
イーベイで買い慣れてしまうとどれもこれも割高で、多少割引してもらったとしてもイーベイで探す方が確実に安い。
(送料を割安に抑えればですが)
ここまで買えるものが無いと気持ちよくあきらめがついて、これからはモチーフはもっぱらネット中心でで買う事に決めました。

その後オックスフォードストリートやリージェントストリート等をブラブラ歩いてみましたが、久々のロンドンは20年前と様変わりしていて、「今日は何かのイベントの日すか?」と思うくらい人が街にあふれかえって好景気の様相。
以前あったイギリスらしい店や書店が軒並み消えてて、世界中にある流行の店(ザラとかスタバとかH&MとかGapとか)が街を席巻。
もちろんそういう店自体は何も批判的に見てはいませんが、東京も広島の様な地方都市もそんな店ばかり増えて、旅の趣としては少々味気ない。

idfufduhf.png

リージェントストリートにひるがえる「極度乾燥(しなさい)」の旗。けっこうお高いのにお客多し。


⬇老舗デパート「リヴァティー」もおしゃれ雑貨等が増えてて、見て回るのは面白かったものの、買うにはちょっと高いものばかりでここでも何も買わず。

eotitithk.png

イギリス最大の書店フォイルズでも、これはアマゾンで買えるからと思うと、重い本を買って帰る気になれない。
チャリングクロスの古書店も少なくなってしまった様で、結局ロンドンではほとんど買い物をしませんでした。


日曜はパリへの移動日で、その前にホテルから歩いてセントポール大聖堂へ。
最も好きな画家の1人であるサー・トーマス・ローレンスとヴァン・ダイクの墓が見たかったのですが、日曜は地下の納骨堂は閉鎖で残念ながら見られませんでした。

昼食を食べてユーロスターに乗るためセント・パンクラス駅へ。英仏海峡トンネルの中は爆睡してパリ・北駅に。

つづく...







___________________________
買い物プギ


浦野由美さん人形展
2013/05/23 23:30 |
私は彫刻も好きなので当然人形も好きで、たまに銀座で通りがかった際には銀座人形館http://www.angel-dolls.com/をのぞいたりしていますが、そこで見た浦野由美先生の売約済みの人形はとても良かったので、後日先生の個展の際に、高さ13センチの小さな人形を一体購入させていただきました。

5694641345.png

114847656.png
浦野先生のブログにも書いていただきました。
http://sollitude.exblog.jp/18732568/


人形作品はけっこう沢山ありますが、良い顔の人形はなかなか少ないし、あるとたいていかなりな高額。
かかっている手間を考えれば人形が安く無いのは当然なのですが、浦野由美先生の作品はクオリティーの割には人形界の中では比較的お手頃。

明日から5月30日まで銀座人形館で「浦野由美個展~黄金色の午後~」http://sollitude.exblog.jp/m2013-05-01/が行われますので、興味のある方どうぞ。

(私のブログでは知り合いの展示については言及しない事にさせていただいておりますが、浦野さんは同業ではないので書かせていただきました)

     
___________________________
買い物プギ


サクラ
2013/03/22 20:50 |
ご訪問あざっす!

春ですねえ〜。
絵描きのくせに風流心は人一倍乏しいんですが、東京アートフェアと白日会展拝観のついでに千鳥ヶ淵に行って来ました。
土日に出掛けるつもりの方が多いせいか、まだ7〜8分咲きのせいか、思ったほどには人出が少なく(といってもかなりの人ごみ)、壮麗な桜を楽しんできました。
chi.png


家でも昨年ヤフオクで買った桜下美人図の掛軸を掛けて鑑賞。(床の間が無いのでなんとも無粋ですが)
sh1.png絹本著色

「秋畝」と落款があり、たぶん寺崎広業の弟子の山田秋畝の作。

明治20年生まれで、詳しい画歴も没年さえも分かりませんが、大幅で丁寧かつ綺麗に描いてあって、画面に少しシミがあって共箱(作者の落款と題名の書かれた箱)が無いものの、これで35000円はあまりに安いので買ってしまいました。(元骨董屋の業)

sh6.png

sh5.png

sh3.png


アートフェアと白日会の感想は例によって書きませんが、最近特に仕事中ダレ気味な気持ちに喝をいただきました。

___________________________
買い物プギ




| TOP | NEXT