Top | RSS | Admin

2007.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2007.12



2007/11/29 19:15 |
ジャック-ルイ・ダヴィッドからウォーホールまでの肖像画を集めた画集。
19世紀の写実的な作品が中心になっています。

テーマが広範なので、私にとっては目新しい絵が少なかったのが残念
ですが、やや大判の本で、ページいっぱいに印刷された図版が多く、
比較的いい印刷でほぼ全ページカラー印刷があり、模写可能な部分
拡大図版も多いので、かなりお買い得感あります。

本の表紙は
ジョヴァンニ・ボルディーニ作のチャーチルの少年時代の肖像

David1170.jpg
ダヴィッド
062.jpg
ウィンターハルター
290px-Duke_Marlborough_Singer_Sargent.jpg
サージェント(これもチャーチル)
スポンサーサイト
___________________________
制作過程


小磯良平大賞展その3
2007/11/18 13:03 |
P1000390.jpg


ベランダに植えているピンクのオールド・ローズとイングリッシュ・ローズ。
しおれるのを待ちました。

花入れは右からヤフオクで買った18世紀のグラス。

100ショップで買った色の付いた砂が入っていたガラス器。

ロフトで買ったグラス。

革装本は主にパリの古本市で購入。

ヴィクトリア時代の陶器のインク壷は、25年くらい前に初めてロンドンに行った
時購入。(このての物は、当時はテムズ川から拾ってきたおっさんが、道ばたで
500円くらいで売ってたので何十個も買って帰って、当時働いていて実家の骨董店で
売ってしまいましたが、今ではアンティークあつかいで何倍もの値段になってしまい
買えません)

鴉の羽根は代々木公園で拾いました。
P1000391.jpg

この本の中には世界堂本店近くのリサイクルショップで買ったものもあります。

銀メッキの品はドイツのオークション「ナーゲル」から購入。
吊り香炉と思ってましたがランプらしいです。
P1000392.jpg

右の陶器はヤフオクで購入。
清朝とかアンティークとか書いて出品してましたが、どれも最近の物。
安くてデザインが気に入れば私にはどちらでもいいです。
(どんなに手を抜いてても昔のものの方が今の物よりまさってますが)
鶴首は私がうっかり壊しましたが、そのまま描きました。

花はゼラニウム。臭いけど丈夫でずっと花を咲かせているし、葉の色も
きれいで便利な花。

小さな瓶はイタリアのお酒。
___________________________
制作過程


小磯良平大賞展その2
2007/11/05 22:26 |
右から銀色の丸い物はヤフオクで買った吊り香炉(多分中国かチベットの物)。
本はヨーロッパや神田神保町で買い集めた100~2000円くらいのもの。

アメリカの「コロニアル・ウイリアムズバーグ」(日本の明治村のようなもの)の
18世紀の生活用品の複製品通販から買った錫のインク壷と羽ペン。
100年くらい前のペーパーバックの本。

P1000387.jpg


ベランダで育てている白いオールドローズ。今年の猛暑で枯らして
しまいました。
左のガラス器はなにかの飲み物のビンで、真ん中はフランスのフランフラン
みたいな店で買ったグラス。日本にはよけいな色やデザインがくっついて
いる物ばかりで、こういう普通のいい形の物が無いので困ります。
左は実験器具のフラスコ。

隣ののデカンタはパリのヴァンヴの蚤の市で3500円。これまたこういう
形の美しいデカンタは日本では見つかりません。バカラとか買えば別ですが。
グラスはヤフオクで買った18世紀のもの。3000円とえらく安かったのですが、
手作りであることは間違いないし、製法が18世紀の特徴を示しているとの事で
お買い得でした。

P1000388.jpg


18世紀スタイルの白い皿(ユザワヤで800円くらい?で買ったもの)
プラスティックの骸骨に色塗って古色付けました

花屋さんで売ってたフランス製のガラス器
その中のパンはジョエル・ロビュションで買った物で、青木敏郎先生の
モチーフを真似てみました。
他のパンはル・コントやフォション等。出してみたら青カビはえてたので
そのまま描きました。
また使おうと思っておいといたら、今度は蛾が大発生してしまい廃棄。
P1000389.jpg

___________________________
制作過程


小磯良平大賞展
2007/11/03 12:52 |
賞金1000万円獲得の妄想を原動力に、真夏70日間(配置・下絵トレース・下層描きに
2週間、上層書きに53日間)をかけてS100号(162×162cm)を制作。
小磯良平大賞展に出品しましたが「佳作賞」でした。
koiso.jpg

「モチーフ棚の前でポーズをとるジュリアン」という、ジェスチャー・ゲームの
お題みたいなタイトル付けました。
これくらいの目標がないとこんなにはがんばれないので、体力・気力のあるうちに
やっといてよかった、ということにしとく。

部分拡大を順次載せていきます。
P1000384.jpg


左から、ドイツのオークションから買った19世紀の燭台
アメリカの通販会社ニーマン・マーカスから買った燭台
東急ハンズで買った燭台

P1000385.jpg

ヤフオクで買った白鷺の剥製
クリスティーズ(ロンドン)から買った19世紀のシュミレーション・ドール(モデル人形)に
19世紀の子供用乗馬服とトップハット
友人がベニス旅行のお土産にくれたマスク
P1000386.jpg

___________________________
制作過程




| TOP |