Top | RSS | Admin

2007.12 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2008.02


スポンサーサイト
--/--/-- --:-- |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
___________________________
スポンサー広告


バリー・リンドン
2008/01/31 07:57 |
高校生の時映画館で見て以来、30年ぶりにDVDでスタンリー・キューブリックの
「バリー・リンドン」を見ました。
高校生にとっては少々退屈なストーリーだったものの、(確か上映時大コケして、
キューブリックは窮地に落ち入ったと覚えています)今見直すとキューブリックの
すごさがよくわかって感動。

どの画面をとっても絵の様に美しく、これほど丁寧に作られたコステューム・ムービーはその後もほとんど無いのでは?(そんなに映画に詳しくはないですが)
たいていのコステューム・ムービーは時代考証がいいかげんで、その時代には存在
しない物が出て来たり、衣装も前後200年の誤差のある物を身につけたりしているのが普通ですが、この映画にはそういう興ざめないいかげんさがほとんど見当たらないのがすごい。
最近のコッポラの「マリー・アントワネット」はポップス曲を使っていて、これもまた私にとっては興ざめでしたが、この映画ではパイジェルロの「セヴィリアの理髪師」、ヘンデルの「サラバンド」、アイルランド民謡など使っていていいかんじです。(シューベルトの曲は時代が違いますが)
ピクチャ 1

今ではよく使われていますが、この映画は初めて蝋燭の光だけで撮影に
成功した画期的な作品。
ピクチャ 2

リンドン卿夫人役はたしか美術評論家バーナード・ベレンソンの孫でマリサ・ベレンソン。
最近はこういう正統派美人女優が少な過ぎ。
ピクチャ 3

イギリス・ソールズベリーのウィルトンハウス。
壁の絵はヴァン・ダイクのペンブローク伯爵一家の肖像。
ピクチャ 4

配色にも細かくこだわっていて美しい。
P1000659.jpg
marquismonth.jpg
h2_1982438.jpg

___________________________
ブックレビュー


謹賀新年
2008/01/04 12:40 |
明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

1月2日 天晴
小学生の時に母が誂えてくれた着物を着て初詣に。
着物を着ている人がめっきり減って、すれ違う人に
珍獣のようにガン見されつつ、ついでに
東京国立博物館の「近衛家の名宝展」に。

藤原道長の「御堂関白日記」にはカンゲキしたものの、展示品の中心は
書跡なので、書に関心が無いと面白味もいまひとつ。
掛け軸の表具はなかなかのものでした。
ちなみに藤原道長は関白宣下を受けた事はありません。(トリビア)

ついでに常設展も回ったら、年に一度しか履かない雪駄のせいで
足がつり、帰りが大変でした。ピクチャ 7


___________________________
日々雑感




| TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。