Top | RSS | Admin

2008.02 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2008.04


鳥越画伯の「潰れた皿のナゾ」
2008/03/30 08:15 |
若手画家鳥越一穂画伯と話をしている時、「どうしてシャルダンや
昔の画家達は、皿等を描く時に上下をつぶして描くことがあるんで
すか?」と聞かれ、「そんなはずは...」と思いつつ画集を見ると、
なるほどおっしゃる様に競技のトラックみたいな形に描いてある
物がけっこうありました。
(鳥越画伯のHPの3月28日のブログ参照 http://torilogy.exblog.jp/)

私が考えるには、モチーフはちょっと上から見た方が、皿に盛られた
物がよく見えるものの、そうすると画面上、皿の占める面積が大きく
なりすぎてしまうので、それを避けるとか?

横に近い位置から描いた方が落ち着きがいい他の器(グラスとか花瓶
とか)との兼ね合い上も、皿の上下を縮めているのではないかと思い
ますがどうでしょう?

鳥越画伯が例として掲出している4枚目のニシンの絵は、単にデッサン
の狂いとして見過ごしていたと思いますが、よく見ると画面におさめ
るために意図的にデフォルメしています。

ただ、それではシャルダンのコップやスルバランの皿の形は説明がつき
ません。
この場合はあまりにきっちり描くと絵画的な面白さを損なうからで
しょうか?(スルバランの方は単純なミスのようにも......)

他にも鳥越画伯の、古画でテーブルや建物が片方に傾けて描いてある
ものがあるという話も興味深かったので、もし鳥越画伯がブログに
書かれる事があったらお読み下さい。

フェルメールの「牛乳を注ぐ女」のテーブルが台形にデフォルメされて
いることは有名で、だからフェルメールは他の画家とは全く違う、
すごい、という解説がよくあります。
10039132627.jpg


確かにこのテーブルのデフォルメっぷりはめったになさそうなもの
ですが、古典絵画の画家たちは、現代の多くの写実画のように写真の
様な正確さ(もちろん写真はパースに狂いがありますが)に常に生真面目
に従っているわけではなく、臨機応変に形や色をけっこう自由に変え
ていて、必ずしもそのまんまに描いているわけではありません。

アホかと思われそうなので、私もこんな皿やテーブルはこわくて描け
ませんし、色やタッチも無難におさめがちなのですが、写真のように
描くだけでは絵を描く意味が無いので、対象の再現にとらわれすぎ
ないよう、模写勉強のやり直しをしたいと思う今日この頃です。

スポンサーサイト
___________________________
制作過程


小磯良平大賞展その6
2008/03/22 18:24 |
P1000399.jpg

モデル会社シュガー&スパイスさんから派遣していただいた、
モデルのジュリアン・モラー君 当時6歳。
目の虹彩は実際より明るくし、位置もわざと少しずらしています。
その方がかっこいいことに、フルヨシ気付きました(ヤザワ口調)
後ろの棚にはベルベットの衣装をつっこみましたが、せっかくの
かっこいい髪形が目立たなくなってしまったので残念。

P1000400.jpg


左はヤフオクで買ったアンティークドールのレプリカ。
右もヤフオクで買った中国陶器。100年くらい前のものと
思います。
下には枯れたミニ薔薇とアクリルの透明玉。

P1000401.jpg

左の本の中には神保町で100~500円で買った物が多いです。
下は壊れたインド陶器。

右の陶器はやはりヤフオクから。水注はフタが無かったので
2000円ほどでしたが、花を入れたりしてよく描いてます。
下は枯れたゼラニウムとミニ薔薇。薬品用?のガラス瓶。
___________________________
制作過程


聖☆おにいさん
2008/03/22 18:16 |
知人に教えてもらって読みました。

ブッダとイエスが東京・立川でふつうのおにいさんとして
下界のバカンスを楽しむという設定で大爆笑。


___________________________
ブックレビュー


ロン・ミュエク
2008/03/17 21:59 |
ロン・ミュエクの作品集は以前から欲しかったものの、何冊か
あるために逆に決めかねていました。
手にとって見る機会がなかったので、結局こちらにしてみま
したが、印刷はいいものの、値段の割に図版が少なめ(カラー
25図)なのでかなりガッカリ。
別の作品集を買ってまたブックレビューに書きたいと思います。


これらの画像はネットから拾った物で、同じ作品は出ていますが
図版は違います。
r2.jpg
r1.jpg
r3.jpg
r4.jpg
___________________________
ブックレビュー


ヨーロッパ絵画名作展
2008/03/10 22:08 |
bg 3
88.jpg



横浜高島屋友の会・色鉛筆画教室を終えた帰り(宣伝臭)、大丸
ミュージアム東京で開催中の、「山寺 後藤美術館所蔵 
ヨーロッパ絵画名作展」を見ました。

http://www.daimaru.co.jp/museum/schedule/tokyo/index.html

日本のヨーロッパ絵画を集めた私立美術館の大半は、ルノアール
とかシャガールとか日展の●●先生とか院展の●●先生とか
いった有名どころばかり集めたコレクションで成り立っています
が、この美術館は全く違っていました。

17世紀から19世紀の、有名・無名(あまり有名でないという意味の)
の伝統的な絵画が中心で、しかも全体の質が高く、その画家の
一級品が沢山集められていて、コレクションについて何も
知らず、あまり期待しないで行ったので意外でした。

有名ブランドばかりを集める多くの美術館とは全く質の違う、
本当に絵が好きで、良い物を選び出す目をお持ちの方が、
じっくりと選んでコレクションされているものと思います。
19世紀のアカデミズム絵画は、あまり見る機会が無いので
お薦めします。

月曜の夕方ということもありますが、混んでいないのでじっくり
見る事が出来ますし、すべて額にガラス(アクリル)が入っている
ため、柵も無くかなり近寄ってみる事が出来ます。

さらにほとんどの絵が古いニスを除去して、丁寧に手入れされて
いるので、オリジナルの色彩と輝きを見る事が出来ました。

入場料も800円。
見ない人はバツ!(おすぎ)
___________________________
日々雑感


小磯良平大賞展その5
2008/03/08 12:50 |
アフィリエイトから入る小銭に目がくらんで、長い間ご無沙汰
してました、小磯良平大賞出品作(佳作)のモチーフ説明の続き
です。
P1000396.jpg

左はミラノで買ったグラッパの瓶。
お酒は一滴も呑めないので、どんな味なのかぜんぜん知りません。
左の本はパリのパッサージュ・ショワズールやヴァンブ近くの
古本市で買いました。パッサージュとはパリのあちこちにある
小さなアーケード街で、アンティークや古書店、画材店や
おしゃれ喫茶等が並んでいて、楽しく散策出来る場所です。

前回パリに行った際、ホテル代をけちったら南の端の場末
だったのですが、おかげで近所にヴァンヴ蚤の市と、ジョルジュ・
ブラッサンスの古本市がありました。
18世紀の革装本が500円くらいからあり、(街中だとそんな値では
見つかりません)どっさり買い込む事が出来ました。

ヴァンブの蚤の市 * ジョルジュブラッサンスの古本市
http://www.geocities.jp/qc_lavande/viola_paris3.html

P1000397.jpg

左はヤフオクで買った中国陶器。最近の物です。

右はやはりパリ等で買った本。
下に描いたのはインド陶器の破片と、分かりにくいですが
枯れたミニ薔薇。

P1000398.jpg

左はヤフオクで買った陶器。左側は新しいもの。右側の
水注は20世紀前半と思います。
青いのはラピスラズリの玉。
右白い服の人形は、母がモチーフ用にと買ってくれた、
アンティークドールのレプリカ。
ちなみに「レプリカ」とは作者本人によって作られた同じ
作品のことで、この場合「リプロダクション」とよぶのが
正しいことになります。
小さい方はドイツのオークションから買った道化の
アンティーク人形。120年くらい前とのこと。
___________________________
制作過程


グループ展「想の会」
2008/03/01 16:52 |
「高島屋美術部創設百年記念 2008年 想の会」展が、3月12日
大阪店を皮切りに、高島屋各店巡回します。

今回で「想の会」は最終回となります。
おついでがありましたらお立ち寄り下さいませ。

大阪・横浜・東京では、初日午前中から夕方まで会場におります
ので、お気軽にお声をおかけください。

出品作家
青木敏郎・大竹茂夫・小澤一正・高梨芳実・伴清一郎・古吉弘・
吉岡正人(五十音順)

大阪展 3月12日(水)~18日(火) 高島屋大阪店六階美術画廊
京都展 3月26日(水)~4月1日(火) 高島屋京都店6階美術
画廊
横浜展 4月9日(水)~15日(火) 高島屋横浜店7階美術画廊
名古屋展 4月23日(水)~29日(火・祝) ジェイアール名古屋高島屋
10階美術画廊
東京展 5月7日(水)~13日(火) 高島屋東京店6階美術画廊
米子展 5月21日(水)~27日(火) 高島屋米子店本館4階美術サロン
Miki.jpg

___________________________
事務的な話題




| TOP |