Top | RSS | Admin

2009.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2009.06


スポンサーサイト
--/--/-- --:-- |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
___________________________
スポンサー広告


ラファエル前派の技法
2009/05/23 18:04 |
『西洋絵画の画材と技法』(http://www.cad-red.com/jpn/)の
管理人でもある松川宣弘さんから教えていただいて、「Pre-
Raphaelite Painting Techniques: 1848 - 56 」買いました。

私はスタンダードな描き方が好きなので、ちょっと異質なラフ
ァエル前派の技法には、そんなに興味があるわけでは無い
のですが、細部やX線写真等の興味深い図版や、使用絵具
・下地・工程等が詳しく書かれていますので、お好きな方に
は値段も手頃でおすすめです。
スポンサーサイト
___________________________
ブックレビュー


ヤン・ファン・ハイスム
2009/05/23 17:46 |
の、新しい本が出たので買ってみたら、図版が1枚も無い詩集
だったのですぐに返品。
間違えてお買いにならないようにお知らせしときます。
ピクチャ 2


以前ブックレビューで紹介しましたハイスムの画集は絶版になっ
たようで、アマゾンのマーケットプレイスで中古品が6万円に。

買った方よかったですね(恩着せがましい)
___________________________
ブックレビュー


「骨董アンティークフェア」@さいたまスーパーアリーナ
2009/05/19 16:51 |
に、モチーフ探しに行って来ました。
大きな会場にボーダイな数の古今東西の品物が並んでいたものの、
あたりまえながら常識はずれに高いものはあっても常識はずれに安
いものはなかなか無い。

ガラス瓶やシェリーグラスにお手頃ないい形のものが色々ありました
が、買ってるとキリがないので見送り。

最後に、気になっていたヴィクトリア時代の陶器のクリーム瓶一個だけ
買いました。

6400円が5400円に下げてあったのを、見ていたら4000円に負けとく
とのことで、多分ロンドンで買ってもそれくらいするのでお買い得でした。

他のお店もそんなに下げてくれるところがあるのなら、そのつもりで見て
いけばよかった
かも。

P1010482.jpg


帰って早速ベランダでモチーフ用に植えているバラ生けてみました。
ちなみに手前のイチゴが入っている染付けは、ヤフオクで5個1000円で
買った清朝末期の茶器。(全部縁ににキズがあって金繕いしてあるので
安い)
バックもヤフオクで買った幕末~明治初めの雛屏風。

フェアは明日5/20までです。
P1010483.jpg
___________________________
日々雑感


業務連絡
2009/05/19 08:13 |
17日に教室受講御希望のメールいただきましたM.K様、返信が出来
ないでおりますので、恐れ入りますが再度メールアドレスをお知らせ
いただけます様、お願い申し上げます。
___________________________
事務的な話題


The Artist's Assistant
2009/05/09 14:04 |
『西洋絵画の画材と技法』(http://www.cad-red.com/jpn/)の
管理人さんのブログの「Natural Pigments 2009 カタログ」
http://www.cad-red.com/blog/jpn/index.php?e=576
を拝読してナチュラルピグメントのHPを知り、
(http://naturalpigments.com/)
その中に出ていた、昔の絵画技術に関する文献を
集めたこの本に興味を持ちました。


ピクチャ 1


高い、図版が少ない、読めない(ダメじゃん)ので逡巡したの
ですが、古典絵画フアンにとって見過ごせない内容がズラズ
ラと....
http://www.archetype.co.uk/bookdetail.asp?ISBNnum=1873132166

古典絵画といってもオールドマスターの時代ではなく、19
世紀中心(18世紀の出典も含む)で、私にとってはより関心
が強いので、思い切って買ってみました。

出典をグーグルブック検索で検索して、テキスト方式に変換
して翻訳ソフトにかければ、翻訳はメタメタでもある程度分
かるかと思ったのですが、各項目の出典の見方が分からなく
て、本をスキャンして翻訳という方法で少しずつ読んでいく
ことになりそうです。

日本で翻訳出版された古典技法に関する有名な2冊の本(いず
れも絶版)は、著者の思い込みで書かれた間違いや誤訳が多々
あるようですが、この本は19世紀の画家達が何を使いどうやっ
ていたかの文献を集めているので、英語のスラスラ読める方、
お買いになりましたら教えて下さい。
(著作権の問題がありそうなので、私がこの本から知った事を
ブログに長々と引用する事は控えたいと存じます。)
(でも元は18-19世紀の本だから大丈夫ですかね?)

ところでグーグルブック検索に、以前紹介したトーマス卿ロー
レンスの画集が画像つきで出てましたのでご覧下さい。

http://books.google.co.jp/books?id=i4rLTPxDKfsC&pg=PP1&
dq=sir+thomas+lawrence&lr=&as_brr=3#PPP1,M1

(初めの方に出てくる絵がヘボいので、途中でやめる人がいるか
もしれませんけど、そのへんはローレンスの十代前半の絵なので
その後の絵もじっくりご覧下さい。)
(といっても後半の作品はグーグルでは多くが非公開になってています)
___________________________
ブックレビュー




| TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。