Top | RSS | Admin

2010.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2010.09


スポンサーサイト
--/--/-- --:-- |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
___________________________
スポンサー広告


ブグローのカタログレゾネ
2010/08/23 19:19 |
長年待たれたブグローのカタログレゾネ、ついに9月15日上梓となり
ました!(号泣)

初版は2000から2500部のみしか刷らないそうなので、ARCかアマゾンにすぐにご予約を。

ARCの注文はこちら→ARC


スポンサーサイト
___________________________
ブックレビュー


Jean-Léon Gérôme
2010/08/23 19:04 |
「美しき姫君」を貸していただいた知人に、現在アメリカのポール・ゲッティ美術館で
「ジェローム展」開催中と教えていただき、そのHPに出ていたこの本をアマゾンで購入。

良い印刷でカラー図版多数(何枚かよく分かりませんが、主な図版だけで200枚くらい
あるのでモノクロ入れると大小あわせて400枚近いかと..)で、もう少し拡大図版が多い
と良かったのですが、出ているジェロームの画集の中では最もお買い得と思います。



スクリーンショット(2010-08-23 18.57.59)

003.jpg

002.jpg

00.jpg
こわい...
___________________________
ブックレビュー


美しき姫君  発見されたダ・ヴィンチの真作
2010/08/06 22:30 |
...そして車中で読んだ2冊目の本は、知人から「面白かった」ということで貸していただいた
「美しき姫君  発見されたダ・ヴィンチの真作」



「ダ・ヴィンチの作品発見か!」とテレビや本で紹介されている、いわゆる「ラロックの聖母」という絵は、一目で論外と分かる質の低いダ・ヴィンチ様式の模倣作ですが(自信を持って断言)、昨年新聞の不鮮明な写真で初めてこの絵(「美しき姫君」)を見た時は「本物かも」と思いました。
bb1.jpg
ラロックの聖母


スクリーンショット(2010-08-06 22.33.54)
美しき姫君

私は本書で初めて細かい部分まで鮮明に撮られた写真を見る事が出来たのですが、私の見た感じでは「多分本物」と思います。(エラそうに鑑定家気取りするつもりはありませんが)
読むとこの作品は修復のせいでかなりオリジナルの筆致等が損なわれてしまっているようですが、上手さと品の良さは並の画家のものとは思えません。 
(有力な証拠のひとつとされている「指紋」については、私の素人目には「これが一致しているのだろうか?」としか思えないのですが)
虹彩の中の光の表現があいまいなのと、下瞼のフチの形や幅がおかしいことには本書はふれてないのが気になりますが、この絵が描けるレベルの画家ならこんな下手な描き方はしないはずので、ここはおそらく修復した人間に変えられてしまったのだと思います。

スクリーンショット(2010-08-06 21.25.41)

インクがうすれたりチョークが剥落したりして全面的に修復されてしまい、ダ・ヴィンチの美しい筆致がかなり見えなくなってしまっているのは残念な事ですが、図版多数でもちろん読み物としても面白い(私は最新の技術についての部分が興味をひきました)のでおすすめします。
___________________________
ブックレビュー


名画に見るフラワー・アレンジメントの歴史
2010/08/06 18:53 |
広島に帰省したので、往復の新幹線で読んだ本2冊について...

まずは「名画に見るフラワー・アレンジメントの歴史」


擬古主義者の私としては、20世紀っぽい花の生け方は好きではなく、絵に描く花もヨーロッパの古いスタイルで花入れに生けたかったりするのですが、古画を色々見ていても、いまひとつアレンジメントの規範がよくわかりませんでした。
日本の生け花についてもよく知りませんが、それには生け方に基本がある様ですし、西洋人は「均整」ということにとてもこだわるので、当然ヨーロッパにもある程度の規範があるものだろうと思っていたのですが、大きい花と小さい花をどう配分するのかとか、花入れに対して花はどのくらいの大きさにするべきなのか、色の配分はどうするのが良いのかといったことが、古い絵を見ても分からないでいました。(バラバラの季節の花を一緒に描いたりしている事は知っていましたが)
本書を読むと、欧米のフラワー・アレンジメントというものは、20世紀になって日本の生け花を参考に一定の規範や原則が受けいられる様になったとの事。(19世紀にはアレンジメントの提案や意見が多様に出始めたようですが)
というわけで、これまでは色がきれいに見える様な配置で適当に並べていて、大きい花を上の方にもってきたりメチャクチャに生けてたのも間違いではなかった事に安心。
本書は17~19世紀中心に、花の絵の図版が多数載っていますので、ヨーロッパの昔の花の配置に関心のある方にはおすすめ。
20世紀っぽいアレンジメントは好きではないと書きましたが、ごく最近のフラワー・アレンジメントは面白くて配色も美しいものが多くなりましたので、「花時間」とか時々買って勉強しています。


スクリーンショット(2010-08-06 18.48.41)
ヤン・ファン・ハイスム
___________________________
ブックレビュー




| TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。