Top | RSS | Admin

2010.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2010.11


スポンサーサイト
--/--/-- --:-- |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
___________________________
スポンサー広告


「ストーリーテラーズ ―小説と絵画展―」
2010/10/21 08:22 |
10月20日発売の月刊美術208ページに拙作「絵画修復士・御倉瞬介父子」を掲載いただきました。

昨日は日本橋高島屋6階美術画廊でのオープニングレセプションに出席して来ましたが、拙作は最初に売れたとのことで、セレブの集まる様なパーティーは所在ないので苦手ですが、昨日はおかげさまで安心していられました。

スクリーンショット(2010-10-03 21.56.37)



スポンサーサイト
___________________________
事務的な話題


個展終了御礼と今後の予定
2010/10/14 13:35 |
横浜高島屋での拙作展は、12日に無事終了させていただきました。会期中は大勢の皆様の御来場誠に有難うございました。
せっかくお越しいただきながら、お客様が重なってしまい十分に対応出来ませんでした方々には、心よりお詫び申し上げます。

個展の方は昨年よりもはるかに深刻な不況の為、前回展ほどの成績には至りませんでしたが、それでも20点をお買い上げいただいて無事終わり、ほっといたしております。
重ねて御礼申し上げます。

さて、今後の個展の予定ですが、横浜高島屋さんと日本橋三越さんを交代で一年おきに個展させていただいておりますので、来年9月に予定されております日本橋三越展の後、通例ですと再来年秋に横浜高島屋展となるはずなのですが、高島屋さんにお願いして、さらに半年のご猶予をいただくことになりました。
最近アメリカARCでの写実絵画国際公募でグランプリをいただき、ロンドンのクリスティーズのオークションでは拙作が予想を大きく上回る価格で落札されたりと、欧米で高い評価をいただくようになり、この際その評価を固めるために海外用の作品を数点描きたいと思いますが、今は個展用の作品を揃えるのに精一杯の状態ですので、しばし時間をいただきたいと高島屋さんに相談しましたところ、楽しみにしていただいているお客様には申し訳ない事ではありますがそれも大事な事、と快諾をいただきましたので、勝手を申しまして誠に恐れ入りますが、次回横浜高島屋展は2年半以上先にずらしていただくことにさせていただきました。
わがままを申しますが、皆々様にはどうぞご理解賜ります様、どうぞよろしくお願い申し上げます。

___________________________
事務的な話題


「青木敏郎展」 追加情報
2010/10/09 07:16 |
青木先生の高島屋日本橋店の個展では、10月16日の2時から
ギャラリートークが予定されています。
私も拝聴にうかがう予定ですが、皆様もぜひ。

以下は青木敏郎展の巡回予定です。

東京展  高島屋東京店六階美術画廊 2010年10月13日(水)~19日(火) 
京都展  高島屋京都店六階美術画廊 2010年11月3日(水祝)~9日(火)
大阪展  高島屋大阪店六階美術画廊 2010年11月24日(水)~30日(火)
岐阜展  高島屋岐阜店八階美術画廊 2010年12月15日(水)~21日(火)
名古屋展 ジェイアール名古屋タカシマヤ10階美術画廊 2011年1月2日(日)~10日(月祝)
横浜展  高島屋横浜店七階美術画廊 2011年1月12日(水)~18日(火)     


私の個展も横浜で絶賛開催中!(笑)
___________________________
事務的な話題


「青木敏郎展」&「ストーリーテラーズ ―小説と絵画展―」
2010/10/03 22:01 |
京都で18歳の時に入門して以来、師匠と呼ぶのもおこがましい、私にとってずっと現人神である青木敏郎先生の個展が、日本橋高島屋6階美術画廊で折しも横浜高島屋の拙作展の翌日10月13日から始まります。
こちらは是非お出掛け下さい。

スクリーンショット(2010-10-03 21.16.57)


また、日本橋高島屋では10月20日から行われます、「ストーリーテラーズ ―小説と絵画展―」に拙作8号出品いたします。

スクリーンショット(2010-10-03 21.16.43)


月刊美術を発行されている実業之日本社から文庫が発刊されるのを記念して、小説と美術のコラボをテーマに同社発行の小説から想を得て描かれた作品の展覧会という珍しい企画です。
私は柄刀一先生の推理小説「時を巡る肖像」を選ばせていただきました。

この本は絵画修復士がその専門知識によって謎を解決していくというもので、先生のイメージにあってるのかどうか分かりませんが、こんなの描かせていただきました。

スクリーンショット(2010-10-03 21.56.37)

主人公の息子はイタリア人とのハーフで「前髪はクルクルと波打って」るはずなんですが、制作時間が短かったためにピッタリのモデルさんがみつからず、髪はこうなってしまいました。
柄刀先生すみません。

日本橋高島屋美術画廊HP
http://www.takashimaya.co.jp/tokyo/event3/index.html
___________________________
事務的な話題




| TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。