Top | RSS | Admin

2011.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2011.05


スポンサーサイト
--/--/-- --:-- |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
___________________________
スポンサー広告


ステッパーその後
2011/04/27 15:28 |
4月4日のブログに書いたステッパーについてですが、これを使うと腰にも良いと聞いていたのですが、どうもこれを使った後腰が痛くなることがあり、検索してみると「腰に良い」という記述が多い反面、「どうも腰が痛い」という記述もありました。「腰が痛い」については原因等がいまひとつ明確でないかんじではありますし、個人差があるのかもしれませんが、「おすすめ」はとりあえず撤回しておきます。
スポンサーサイト
___________________________
事務的な話題


京都「ガクブチのヤマモト」さんでの展示
2011/04/07 07:49 |
拙作の額のほとんどは、京都の寺町三条上ルと姉小路通寺町東入ルに3軒のお店を構える高級額の有名な老舗「ガクブチのヤマモト」さんで作っていただいています。

お客様に「アンティークの額ですか?」と、よくおたずねいただく様に、上品なデザインと京都らしい丁寧で細やかな仕上げのおかげで好評いただいていますが、このたびヤマモトさんのご好意で、額装した拙作5点を店頭に展示いただくことになりました。

これらは今年9月14日からの東京日本橋三越での個展に出品する作品ですが、昨年から今年にかけて「美術の窓」に連載いただいた「技法講座」に出しました「CHAZ」も展示いただきますので、ヤマモトさんを訪問かたがたご覧いただけますと幸いです。(昨日から約一ヶ月の予定)

拙作の額はヤマモトさんと相談してデザインいただきましたが、数がまとまれば予算に応じて考えていただけます。
額があまりに安っぽいと絵の印象も大きく変わってしまいますが、ヤマモトさんの額は格調や高級感がありながら、私でも使わせていただけるようなお値段なので、なかなか良い額が無くてお困りの方におすすめします。
ヤマモトさんHP

http://www.framing-y.com/

IMG_4729_1.jpg
IMG_4721_1.jpg
IMG_4731_1.jpg
IMG_4720_1.jpg

スクリーンショット(2011-04-07 7.36.46) スクリーンショット(2011-04-07 7.39.03) スクリーンショット(2011-04-07 7.38.33)

スクリーンショット(2011-04-07 7.38.07) スクリーンショット(2011-04-07 7.37.38)
___________________________
事務的な話題


アカデミー派絵画展@北青山
2011/04/04 19:29 |
横浜での絵画教室は5月まで休止となりましたし、余震やそれにともなう電車の運行停止等の心配と、計画停電で制作時間が減ってしまう事で、地震以来3週間以上川口市から一歩も出ませんでした。
運動不足は以前から気にはなっていましたが、なおさらなのでいつもより歩く時間を増やしたりしていますが、家の中でもステッパーなら続けられると思い、これをアマゾンから購入。

筆を洗いながらなので時間の節約になり、楽に続けられるわりにけっこう足が鍛えられるかんじがするので運動不足になりがちな同業者におすすめ。(個人の感想です)

*追記(2011年4月27日)
ステッパーを使うと腰にも良いと聞いていたのですが、どうもこれを使った後腰が痛くなることがあり、検索してみると「腰に良い」という記述が多い反面、「どうも腰が痛い」という記述もありました。「腰が痛い」については原因等がいまひとつ明確でないかんじではありますし、個人差があるのかもしれませんが、「おすすめ」はとりあえず撤回しておきます。

とはいえ余震はまだ時々あるものの電車は安定しているようですし、停電も温かくなってから行われなくなってきたので、3月に移転開廊された「ギャラリー美術波」さんにお邪魔して、19世紀絵画を拝見するために久しぶりに都内へ出掛けました。

ご存知の様に「美術波」さんはヨーロッパ伝統絵画を扱われる日本では数少ない画廊さんで、渋谷東急で毎年秋に伝統絵画展を行っておられる事でも有名ですが、代表の大黒さんは長年沢山の古画を売買されてこられましたので、真贋を見極めるためにも技術的な事にお詳しいし、修復や保存についてのノウハウも本に書いていただきたいくらい貴重。
評論家よりはるかに古画全般にお詳しく、膨大な画家についての知識をお持ちです。
私なんぞはもちろんゼンゼン購入など出来ないタダ見の者ですが、大黒さんにはいつもご親切に色んな事を教えていただいて勉強させていただいています。
日本の展覧会は相変わらす印象派や近代絵画偏向で、ヨーロッパの群小画家(群小といっても一般に名前が知られていないだけで、すごい画家が沢山いるんですが)の作品を見る機会はなかなか無いので貴重な場所です。

美術波さんHP

http://www.bijutuha.com/index.html
___________________________
日々雑感


地震
2011/04/03 08:22 |
この度の震災で被災されました方々に、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。


私は当日は川口の自宅で制作中でしたが、経験した事も無い大きく長い揺れで、 父の骨壺を壊れない様に抱えたままオロオロするばかりでした。
2個の石膏像と、雑貨店の閉店セールで買って本棚に使っていた木製の大きな棚が倒れて壊れてしまい、大量の本が散乱しましたものの、幸いその程度ですみました。

壊れた石膏像の1つは、京都芸術短大(現京都造形大学)在学中に通った、青木敏郎先生の絵画塾「大徳寺絵画研究所」で、ミケランジェロの石膏像を20号に油絵で描くというお題が出た時に、ぜんぜん上手く進まなかったので、自分で買った石膏像を持ち込んで6号を描き直した時のものです。
P1040569.jpg

しかしそれも上手くいかず困っていたら、青木先生がナイフで絵具をけずりおとして鉛筆でささっとアタリをとったあと、(どれくらいの時間だったかは思い出せませんが)あっという間にこれをお描きになりました。
P1040565.jpg



当時20歳の自分から見て、先生はかなりの大人に見えていましたが、今考えると「ういっしゅっ!」のDAIGO氏と同じ年齢だったんだと思うと、ガチでハンパないっスね。

壊れた石膏像は、またモチーフに使うつもりです。
___________________________
日々雑感




| TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。