Top | RSS | Admin

2011.12 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2012.02


アートコレクター2月号
2012/01/25 23:09 |
1月25日発売の美術雑誌「月刊アートコレクター」2月号の特集「2012年のBEST85人完売作家!!大予想」の「2012年活躍が期待される作家」に1ページ掲載いただきました。

「作品購入の目安 号=4.5万円」は正しいのですが、掲載いただいた様な細かい描き込みの小さな絵は、今のところ価格未定です。
ミニチュア画を描きたいのですが、日本では基本的に大きさで発表価格が決まってしまうため、非常にわりに合わないので、うまくいくかどうかは分からないものの、海外に出してみようと思っておりますところですので、よろしくご理解下さいませ。



スポンサーサイト
___________________________
事務的な話題


平清盛展
2012/01/21 10:02 |
大晦日も元旦も普通に仕事をしてましたが、2日は初詣ついでに江戸東京博物館の「平清盛展」へ。

目玉は私の地元広島の至宝「平家納経」。
平安時代末期、平家一門が厳島神社に奉納した、善美を尽くした装飾経で、国宝中の国宝とも呼ばれています。

小学5年から中学3年までは日本史と日本美術大好き少年だったので、1972年に母に京都に連れて行ってもらって京都国立博物館で「平家納経展」を見ましたが、それ以来30年ぶりの対面。
当時中学生の身には、イマイチこのすごさが分からなかったのですが、今見るとあらためて日本人のぶっとんだデザイン感覚に感心。

ヨーロッパでは19世紀後半まで、装飾デザインというと、ほとんどが唐草ばっかの型にはまったものだらけなのに対して、平家納経の装飾は12世紀後半なのに現代絵画の様に自由で、抽象絵画そのものの様な表現や、具象ないし半具象なのに、形とか位置とか色とか組み合わせとかがメチャクチャで、西洋人からみたらあり得ない様な表現を駆使しているのがお見事。


「現代の日本人が写実をやるのは無意味」といった意見がよく聞かれたりしますが、今欧米で現代美術として行われている様な表現や「見立て」などは、昔から日本人はやってて、むしろ西洋的写実は日本人が今まで本格的にやらなかった分野なので、「やってもいいじゃん」と思うのでした。

今年の大河ドラマ「平清盛」は、「きたない」とか「暗い」とかで一般的には不評らしく、たしかに食事しながら見るには汚いシーンが多いし、待賢門院(ヨメ)が白河院(義父)にチチをもまれるシーンなんかも、テレビの前の家族の間に気まずい空気が流れそうですが、去年のお花畑な大河ドラマに比べたらぜんぜんかっこよく出来ているし、院の近臣に佐藤二朗と阿部サダオがキャスティングされているのが、個人的には超ウケる。

at1.jpg

at2.jpg

at3.jpg

(上の画像はこちらから無断転用させていただきました。)http://www.hagoromo.com/heike/index.html
___________________________
日々雑感


フェルメール展
2012/01/16 23:17 |
友人にチケットをもらったのでBunkamura ザ・ミュージアムに17世紀オランダ絵画展見に行きました。
「フェルメールからのラブレター展」という安っぽいタイトルがついてますが、3点ものフェルメールを同時に見られる豪華な展覧会。
にもかかわらず月曜の夕方のせいか入場者は少なく、ゆったり見る事が出来ました。
http://vermeer-message.com/
スクリーンショット(2012-01-16 23.15.06)

とはいえ例によって黄色ライトで照らしてあるので実際の色は分からず、繊細微妙な色調はだいなし。
1.2メートルくらい?離れての鑑賞なのでディテールもぜんぜん分からなくて、斜めから見てどんな絵肌なのか見るくらいしか出来ず、家でハイビジョンテレビや高精細画像で見た方がはるかに色んな事が分かるので、タダ券でなかったら行かなかったかも。

しかし1つ確認したかったのは、保護二スがどの程度絵の見え方を変えるかで、ニスがきれいに全体にテカテカに塗られた作品(かなり少なかったです)は、マチエールが美しくハリがあって、色調も鮮やかなのに対して、半艶状態の絵はハリや透明感が乏しく、色がくすんで冴え無いように思いました。

以前ルーブルで見たテル・ボルヒの小品は、ツルツルテカテカでマチエールが美しく、透明感や色の深さは目の覚める様なものでしたが、今展のテル・ボルヒにはそのような冴えは無く、やはりニスの塗り方でも「エマイユの様な絵」になったりならなかったりするんじゃないかと思ったのでした。
(ルーブルで見たのは板絵で、今展のはキャンバスなので、単純には断定出来ないにしても、キャンバスに描かれていてもニスによってパキパキになっている作品もありました(作家名忘れました))
___________________________
日々雑感


謹賀新年
2012/01/01 08:49 |
明けましておめでとうございます。

昨年もHPご覧いただきまして誠に有難うございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年は思いもよらない大災害が起こった大変な年になってしまいましたが、自分も絵がさっぱり売れなくなるかと心配しておりましたら、逆に個展でほぼ完売というアゲぽよな年になりました。あらためて厚く御礼申し上げます。

今年は本来なら横浜高島屋様での個展の年ですが、下の様な絵を描くために2013年年5月に延期させていただきました。
111111.jpg
「MORGAN」 43×26㎝


これがウケたら若い女の子の好きなポップカラーの物を大量に集めて描こうと思ってたら、一昨日テレビで見たきゃりーぱみゅぱみゅのPVに衝撃。

http://www.youtube.com/watch?v=yzC4hFK5P3g

くやしい....orz
しかしこのPVはすばらしい!
グラスアイのアイデアいただきます! (堂々のパクリ宣言)

ついでに小商い。
ブグローのカレンダー、以前は毎年出てたのに長い間とだえてたのであきらめてたら、今年は出てました。
印刷は10点評価で5点くらい。



___________________________
日々雑感




| TOP |