Top | RSS | Admin

2014.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2014.07


スポンサーサイト
--/--/-- --:-- |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
___________________________
スポンサー広告


カラー&ライト
2014/06/27 18:56 |
 


マイド オオキニ 。 (トム・クルーズ)

尊敬する内田パブロ先生から、ずいぶん前に良い本として教えてもらっていた「カラー&ライト リアリズムのための色彩と光の描き方」は、ぜひお薦めの本なのですが、内容が濃いのでレビューを書くのが大変と思ってついつい遅くなってしまいました。買って損は無い本なので、細かく内容を紹介するよりも、とりあえず買っていただければと思います。

以前デッサンについて、やみくもに手を動かして枚数を重ねるより、まず対称の把握の仕方を本から論理的に勉強してからデッサンを重ねるべきだと書きましたが、「カラー&ライト」は色彩と明暗のついて、豊富なイラストでどう捉えどう描くべきかが説明されていて、これから絵を始める人にも、長年描いている人にも基本がよくわかり、目からウロコの話や効果的なちょっとしたコツなど、本当に勉強になります。

美校に入る人間はこういうことを学校で教えてくれるのを期待して入るわけですし、学校もまずここから教えるべきなのに、日本ではどの学校もまずこういう教育はしてないので、ぜひお買いになる事をおすすめします。

この本のレビューの中には、作者の絵が気に入らなくて、「これなら好きな画家の画集を見て自分で研究した方がいい」という意見がありますが、これだけの知識や理論を絵を見ただけで読み取れるなんてことはよほどの天才であっても難しい事で、まったく見当はずれの評価です。

同じ著者の「空想リアリズム ~架空世界を描く方法」はファンタジー絵画を描く人のための本なので、そうでない人には直接役には立たない情報も多いですが、面白いし示唆に富んでいるので、書店で手に取る機会があったらご覧になってみると良いかと思います。




同じボーンデジタル社から最近出た「ゲームアート -古典に学ぶキャラクターと世界の描き方」は、タイトルから期待した様な内容ではなかったので、こっちの方は個人的にはそんなにすすめません。
「皮膚の表層のすぐ下に骨がある箇所は寒色調」というようなことも書いてありますが、う〜ん?そうかなー?というかんじ。



スポンサーサイト
___________________________
ブックレビュー


Anders Zorn
2014/06/16 13:53 |
去年の3月にアンダース・ゾーンの画集のブックレビューを書きましたが(http://paintingsfuruyoshi.blog56.fc2.com/blog-entry-322.html)、今年はじめに買った新しい画集はもっと良かったので、早く書かにゃと思いながら忙しさにかまけていたら、値段がけっこう下がってました。


前回のは図版が小さめのものが多かったのに対して、今回のは図版は大きめで印刷もかなりいいです。

fchdfgv.png

sdcfjdbssf.png

dvhdjsjvsj.png

fvdgiugfvdf.png


___________________________
ブックレビュー


藤原久太郎先生著「銅版画技法 /準備と印刷」
2014/06/12 17:21 |
毎度拙文お読みいただき有難うございます。

昨年クリスティーズで拙作の油絵5号が現在のポンド換算で900万円で売れて、うっかり日本の巨匠クラスの値段になってしまったわけですが、これからも国内で去年までみたいに号4万5千円で出すっていうのは、釣り合いがとれなくてムリってことで、今後油絵の国内での販売は一切やめて、ロンドンのオークションに年1-2枚出すだけということにさせていただきました。

とはいえ長年お世話になってきた三越さんと高島屋さんの個展をあっさりやめるってのも申し訳ないということで、版画の展覧会を提案しておりましたところ、横浜高島屋さんでは来年5月6日から、日本橋三越さんでは来年9月(いずれも変更の場合あり)の予定で版画展をさせていただくことになりました。

エッチングの様に銅板を腐食液で腐食してインクをつめる線を刻むのではなく、「ドライポイント」という、銅版に直接線を彫って製版する方法で、銅板のめくれが独特のニジミを出すのですが、印刷を繰り返すとそのめくれが失われてしまうため、エッチングよりエディション数が少なくなります。

私はごく小さな版画が好きなのですが、それだと展覧会で見栄えがしないかと思って、画像左側の18㎝×12㎝の版にしてみたのですが、どうもおさまりが悪く、かといってこれ以上頭部を大きく描くのは好きじゃないので、やっぱり画像右側の12㎝×9㎝の版に彫る事にしました。(左端は彫るためのペンシル型ケガキ針)
iugbgbjukws.png


銅版画はずいぶん前にちょっとやってみたことがある程度なので、本を読んで1から勉強しなおしですが、いざ銅版画技法書をさがしてみると意外と少なく、すでに持っているものや、かなり以前の著作で内容もややざっくりしたものがあったりで困っていたところ、長年知己をいただいております京都の版画家の藤原久太郎さんが、ダウンロード販売の技法書「銅版画技法 /準備と印刷」648円http://www.dlmarket.jp/products/detail/257761「BURIN 研ぎと扱い方」324円http://www.dlmarket.jp/products/detail/237495を出しておられました。
写真豊富で初心者にも分かりやすい文章ながら細かい所やコツまで、知りたい事が丁寧に書いてあって、私が知る限りでは最高の銅版画技法書だと思います。
たとえば印刷前に紙を湿らせなければいけないのですが、具体的にどうやってどの程度湿らせればいいのか初心者にはよくわからないのに、多くの本はサックリ書いてあるだけですが、藤原さんの本は誰でも分かる様に丁寧かつ詳細に説明してあって助かります。
全体的にそのような解説がされているので、これから銅版画を始める方にも、すでに多くの経験がある方にも絶対におすすめ。
dfufgurfgu.png

___________________________
ブックレビュー




| TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。