Top | RSS | Admin

2014.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2014.09


「Campbell」制作過程 3
2014/08/31 08:47 |
このへんからクリスティーズの要請で2週間ごとに撮った画像になっています。

1fdgjgfd.png

3xhxbv.png

4dvsfjvfbd.png

5fghbkldf.png

ここで衣装のライトレッドで描いていた赤の部分にW&N社のウィンザーレッド(半透明)をかぶせて、明部は白で明るくする。
6fghnjdjkt.png

9fbmdf.png

ピンボケですみません...
1sfuvsdfv.png


10tohjjjjjjr.png

2scccdghafc.png


11fighfr.png

12figbfhgfr.png
額装して完成。

今までは⬇このように棚の端までを描いていましたが、
ruhteeeeeef.png

⬇このように無くした方が空間の広がりが出る様な気がするので、今回は額に隠しました。
sbfdkbgj.png

スポンサーサイト
___________________________
制作過程


「Campbell」制作過程 2
2014/08/24 10:50 |
腕鎮は嫌いなので手を画面に置いて描くため、まず左上からとりかかりました。
一番上からにしなかったのはたいした理由ではなく、初日は仕事のとりかかりがいつもより遅かったので小さいマスの方にしました。
1yyuy.png

2tghytrht.png


2日めは左端上。
地がツルツルで一気に描けないため、描けるところまでザックリと塗りました。
3gthgtfhb.png


数日後。
4fdgdgfd.png

1日に1マス内の8〜9割くらいを描き進めるつもりでいましたが、地がツルツルで明るめなので、1日に3〜5割程度しか進まず、いったん地から全部やり直す事も考えましたが、やり直すのも大変だし、描き重ねる方が深みも出るだろうという事でこのまま進める事に…。
何年描いてんだっつー話ですが、これくらい小さな絵になると地の凸凹は絵の邪魔になりかねなくて判断が難しいところです。
地塗りのジェッソの最後の層にヤスリをかけないと、ザラザラしていてひっかかりがあるため描きやすくなりますが、刷毛痕を無くすのが難しいのと、筆を傷めるので今回はそうしませんでした。(サイズの大きい絵だとさしつかえないのですが)

シルバーホワイトは今回は使わずチタニウムホワイトで描いたので、白の鹸化による地色の浮き出しはそんなに気にする必要は無かったので、地色は暗めにするべきでした。

棚の暗部は地が明る過ぎるのでバーントアンバーで暗くしました。
6ghjnghnj.png

7ghfgghft.png

左側を一通りザックリ塗った後、また細かく描き込んでいきましたが、まだ描いてない部分も多いです。
9vfbgfdgcdf.png

棚の真ん中に到達して人物をザックリ下塗り。
10dsadgshjdg.png

11sjhjhfe.png


衣装の赤に塗る所にはライトレッドと黒、緑に塗るところにはバーントアンバーと白の下塗り。
この衣装は25年くらい前にクリスティーズ・サウスケンジントンの衣装オークションから買った100年くらい前の道化の服ですが、当時はまさか自分の絵がクリスティーズに出る事になるとは思いもよりませんでした。


つづく….
___________________________
制作過程


広島土砂災害
2014/08/23 13:37 |
広島市北部の豪雨に伴う土砂災害につきまして、多くの方からご心配をいただきましが、私の実家は旧市内で現場からはかなり離れた地域ですので、被害は何もありませんでした。
ご心配賜りました事、心より御礼申し上げます。

被災された皆様には、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
___________________________
事務的な話題


「Campbell」制作過程1
2014/08/13 08:09 |
残暑お見舞い申し上げます。

前回のブログで「制作過程動画はボツになったもよう」と書きましたが、クリスティーズ・サウスケンジントンで8月4日から9月2日まで行われている下見会の会場で、拙作のとなりに置かれたiPadで公開されているとのことでした。
ここに載せるのは難しいので、画像を順次載せていきます。
diooikrgm.png

xdsojcdshb.png



厚さ9㎜のシナ合板に極細の麻布(生地店で購入)をジェッソで貼付け、地塗りもジェッソを数回塗ってはヤスリをかけて塗布。

ジェッソはムラなく均一に、少しだけ布目を残して塗る事が難しいので、ヤスリがけをしなければいけなかったのですが、そのせいで地がツルツルになってしまい、絵具が乗りにくく何度も絵具を重ねたので制作にとても時間がかかってしまいました。
アクリルのバーントアンバーで薄く着色し、下絵はコンテで転写。

ujgusdgfc.png
⬇こちらが原寸大の完成図
sdsjfsdkjfhk.png

fufjsfiewpi.png

dgfhdsfdhj.png

fdgggggggxhiu.png

dfhfshdfi.png

bjfbnhfb.png

siufhhdiucb.png

gsjjjjgn vgn

dvfdhbvjjjfsx.png
___________________________
制作過程


Out of the ordinary 2014
2014/08/01 18:04 |
暑中お見舞い申し上げます。

クリスティーズ・サウスケンジントンのオークション「out of the ordinary 2014」は9月3日ですが、すて゜にウェブカタログもアップされております。
dclhigvhdsk.png

http://www.christies.com/eCatalogues/index.aspx?saleid=21089

http://www.christies.com/lotfinder/paintings/hiroshi-furuyoshi-campbell-5818454-details.aspx

ロット番号は昨年は1番でしたが、今年は110番。
カタログだと丁度真ん中あたりで、これは昔の紅白歌合戦でいうと島倉千代子クラスのあつかいですね。有難うございます。(多分ちがう)

制作過程を動画にも使ってもらえるとの事でしたが、それはボツになったようです。
カタログではページ全面に拡大写真も入れてもらっていますが、去年ほどプロモーションで前面に押し出されてはいないのでオークションの結果が気になります。
ご入札よろしくお願い申し上げます。

動画でボツになった制作過程の画像はまた順次載せていきたいと存じます。
___________________________
事務的な話題




| TOP |