Top | RSS | Admin

2017.12 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2018.02


「Monochrome: Painting in Black and White」展
2018/01/17 13:59 |
このブログではしつこく「古典絵画はグリザイユ/カマイユ(単色画)で描いた下層描きに薄い絵具を何層も重ねて描かれている」という都市伝説について繰り返し批判してきましたが、批判している責任上、グリザイユ技法で描かれた19世紀以前の絵のサンプルも常に探していますので、ロンドン・ナショナルギャラリーで開催中?)の「Monochrome: Painting in Black and White」展のカタログを買ってみましたが、グリザイユ画は載っていても、いわゆる「グリザイユ技法」で描かれた彩色画は見当たりませんでした。


展覧会HP⬇
https://www.nationalgallery.org.uk/whats-on/exhibitions/monochrome-painting-in-black-and-white

私が探しているのは、グレーズ(透明色による彩色)をして仕上げるために用意された、未完成画としてのグリザイユです。

グリザイユで下層描きしていない(つまりプリマによる)未完成画は、これまでブログで沢山提示してきた以外に無数に存在しますが、グリザイユ画そのものは存在しても、グリザイユに彩色をしかけて途中でやめている未完成画は、皆無ではないものの、私が探した限りでは数点しか知りません。
私の検索能力を差し引くとしても、このような圧倒的な作例数の差があるのに「グリザイユにグレーズが古典絵画の主流技法」などと主張するのは明らかに間違っています。

例えばこれはよくグリザイユの未完成画として誤解されるヴァン・ダイクの絵ですが、
rtdlorwaq.png

まずヴァン・ダイクはこの様な主題の絵は通常大きなキャンバスに描く人で、本画として小さなサイズではほとんど描かない人ですが、この絵は32×38センチしかありません。
茶色はグリザイユにグレーズしてあるわけではない事もお分かりいただけると思います。
eteryhrty.png

juujjutgtg.png

「でもエスキースにしては丁寧ではないか」と思われるでしょうが、これはここ⬇
http://www.sothebys.com/en/auctions/ecatalogue/2012/important-old-master-paintings-n08825/lot.26.html
にも書いてある様に版画の原画として描かれたものなので、丁寧だけれども小さいサイズなわけで、下層描きとしてのグリザイユではなく、これで完結している作品です。
erwruyujjb.png


本書に出てくるヴァン・ダイクのグリザイユ画はこちら⬇
retygreghhhre.png
ですが、やはり57×41㎝の小さな絵で、絵を描いた上から縦横にマス目が引いてある事からも、本画(133x109cm)⬇のエスキースあることは明らかです。
rfgtretg.jpg

efrwegtergt
dhtghgyjkuhy.png
(http://www.alamy.com/stock-photo-anthony-van-dyck-rinaldo-and-armida-132619264.html)

本書掲載のレンブラントのこの絵も54×44㎝というサイズで、版画の原画として制作されたものとしています。
sdfvgdsettuj.png

bn vhgfyhrtgf

レンブラントはさまざまな油彩技術を駆使した人なので、部分的にインパスト(絵具の盛り上げ)重視でまず単色で絵具を盛ってからグレーズしている絵はよくありますが、小品の中に全体を単色下層描きにグレーズで彩色した様な絵がいくつかあります。
プリマで描けるし、単色下層描きにグレーズすると肌色はたいていこのように⬇
bvchfgdxsf.png

tfgre6teuiuii.png

あまり美しく無い色になってしまうのが普通ですが、何故あえてこの方法で描いたか私の想像では、版画の下絵として油絵を制作した後、タブローとして売るためにグレーズで彩色したのではないかと思ったりするわけですが、私はレンブラントはそんなに好きで見てるわけではないので分かりません。

いずれにしても、画面全体を単色で描いてグレーズで仕上げるという描法は、あったとしてもレンブラントの中ではごく僅かであることは確かだし、「古典絵画はどれも単色画にグレーズで描かれている」というのが全くの間違いであることはゆるぎません。

というわけで、本書き私にとってはある意味で空振りの本でしたし、特に面白い絵も載ってないので(個人の感想です)ぜんぜんお薦めはしません。

スポンサーサイト
___________________________
ブックレビュー


昨日の毎日オークションの御礼
2018/01/14 17:04 |
昨夜の毎日オークションでは、沢山のご入札誠に有難うございました!

ミニチュアに手数料込み約120万円となり、心より御礼申し上げます。

次回は2月後半にヤフーオークション予定しております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

___________________________
日々雑感


毎日オークション 1月13日
2018/01/06 14:26 |
毎度有難うございます。

1月13日開催の第561回毎日オークションに、拙作ミニアチュア画を出品いたします。

https://www.my-auction.co.jp/schedule/details/561/839

111111111111.png

絵のサイズ 14×10.5㎝

モデルはエマ・バーンズさんで、清朝末期の紺袍を着ていただき、芍薬を持っていただきました。
毎日オークションHPの説明文中、「画面縁沿い数ヶ所にピンホール」とありますが、下絵転写の際に画面端に画鋲で紙を留めた痕で、額に隠れるのを想定して開けた穴ですので、その様にご理解下さいませ。
22222222222.png


額はイギリスのイーベイで買ったアンティークの硯屏を使いました。
⬇裏側
3333333333.png


硯屏とは、もともと硯の後ろに置いてチリやホコリを防ぐ小さな衝立ですが、昔の文人の机上を飾る文房飾りとして珍重された物です。
本品は多分「芝山細工」(違っていたらすみません)という、幕末から明治にかけてヨーロッパに輸出され好評だった工芸品で、最近また超絶技巧の明治工芸としてもてはやされるようになりましたが、現在では職人もほとんどいなくなった希少な技術で作られています。
こちらは西洋向けに写真立てとして作られたのではないかと思います。
444444444444.png

特に本品のボタンの花は獣骨を本当の花びらの様に薄く掘り出していて、独学で習得した現代アート作家の橋本雅也氏が注目されている様に、現在ではこの技術を持つ方はほとんどいないと聞いています。

5555555555.png

右下に落款の様に「木公お」(松尾?)と彫った貝が嵌め込まれていますが、これについてはネットでの検索ではよく分かりませんでした。
7777777777.png


古い物なので硯屏にはあちこちキズやヒビ等があり、芝山細工によくある部品のはがれが残念ながら一カ所あります。

6666666666.png

8888888888.png

999999999.png

どうぞよろしくお願い申し上げます。
___________________________
告知


謹賀新年2018
2018/01/01 09:42 |
efghwldvgnk.png


明けましておめでとうございます
                                
                       平成三十年 元旦

昨年も拙ブログお読みいただき誠に有難うございました。

他事にかまけて最近更新が少ないですが、今年は出来るだけ増やしたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

画像はヤフオクで見つけて買った木彫の仔犬です。
某氏に「クマなんじゃないの?」と言われた事がありますが、犬です。
明治後半〜昭和初めくらいのものかなあと思っていますが、なかなかよく出来ていて気に入ってます。
(毛が1本1本彫ってあるのはかえってゴワゴワして仔犬の毛らしくないのでそこは気に入ってないんですが...)

ついでにこっちもヤフオクで買った日本画の掛軸。
sdgdf.jpg

fhyrtuy.jpg

そんなに犬が大好きってわけでもないんですが、荒木十畝(1872-1944)という、昔はそこそこ有名だった画家の絵なのに安そうだったので3500円で落札。
大きさが気に入ってます。
___________________________
買い物プギ




| TOP |