Top | RSS | Admin

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10


俵屋工房
2010/03/13 08:06 |
30年前のイギリス某社のセーブル筆はとても質がよかったのですが、どんどん質が低下してきて、ここ最近はインターロンやマングースを主に使って来ました。
しかし繊細さと腰が必要な場合はやはりセーブルが一番なので、去年国内外の有名メーカーのものを少しずつ買って試してみたところ、どれもすぐに穂先がボソボソになったり割れたりで、もう良い筆は簡単に手に入らないのかと残念に思っていました。

最近「西洋絵画の画材と技法」http://www.cad-red.com/jpn/の掲示板をきっかけに「俵屋工房」さんhttp://www.tawarayakobo.com/の高橋さんとメールのやりとりを始めましたが、先日コリンスキーとイタチの筆をサンプルとして頂戴しました。

これはやはり筆の質の低下を憂えていた高橋さんが、筆の産地の広島・熊野の職人さんと共同で、良質の筆を製造されたもので、しばらく使ってみましたが毛の乱れが無く、お値段も高くはないので、現在は種類が限られていますが、お試しいただければと思います。

詳しい内容はこちらをご覧下さい。
http://www.tawarayakobo.com/shop/59.html

C60_T1.jpg
C80_T1.jpg

スポンサーサイト
___________________________
制作過程




| TOP |