Top | RSS | Admin

2017.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.06


歴史的中発見かも
2010/11/30 14:30 |
「旧御物 蒙古襲来絵詞」といってもピンとこない方も、この絵はよくご存知か
と思います。

genpon.jpg
旧御物本(原本)


鎌倉時代に元が来寇した際に蒙古兵と戦った武士を描いた絵巻物の一部で、教科
書等では元寇を語るとき必ずと言っていいほど使われる場面です。
「てつはう」という火薬をつめた玉が炸裂している所が描かれていることでも有
名ですが、実はここに描かれた3人の蒙古兵と「てつはう」は江戸時代の加筆だという
説があります。

私がこの説を知ったのは一昨年に歴史物の番組を見ていた時で、それ以前にも一
部新聞にも載っていたようですが、その時はさほど大きく扱われてもいなかった
ので、少し興味はあったものの詳しくは知りませんでした。

私は高校生になってから西洋古典絵画に猛萌えしたのですが、それより前の小学
校4、5年ころからは日本美術が好きだったので、今でもヤフーオークションで
古画を時々見ては楽しんだり、安い物をたまに買ったりしています。

そして昨年ヤフオクに蒙古襲来絵詞の模本が出品されていたので何気なく見てみ
ると、くだんの場面に蒙古兵とてつはうが描かれていませんでした!
くわっ!!と思ってすぐに他の模本の有無を検索してみると、江戸時代後
期、松平定信が作らせた模本(楽翁本)やそのまた模本等は何種類
か出て来きますが、どれも3人の蒙古兵とてつはうが描かれたものばかりで、ヤ
フオクに出ている様な模本は全く見つかりませんでした。
rakuo.png
楽翁本(模本)
qdai.png
九大本(模本)

ヤフオクの説明文を読む限り出品者はその事には気がついてない様でしたが、ど
うしたものか手をこまねいて見ていたら、出品者の希望価格に届かずに終了して
しまいました。
気になったまま数ヶ月経過した後、このままだとせっかくの重要資料がまた人知
れず埋もれてしまうのももったいないと、出品者に連絡をとったところまだ売れ
ずに残っていました。
資料としては重要でも美術品としての価値は模写ということで低いので少々躊躇
したものの、思い切って購入し、「絵巻捏造説」を発表された先生にお知らせし
た所、この様な絵巻は見た事が無いとの事で、やはり未発見の史料であることは
間違いない様です。

先生の著書では御物本の「てつはう」の場面の蒙古兵の描線等が他の場面と
大きく違う事や、馬の後ろ足に生えている松が不自然である事を指摘して捏造で
あることを喝破されているのですが、確かに私の買った模本(以後「古吉本」と
便宜上呼びます)の馬の後ろ足を見ると、松は無く丁度そこが欠損している様に
描かれています。

fr.png
古吉本

この絵巻は元々傷みがはげしかったため江戸後期に修理され、その際に錯簡(紙
継ぎの順序の間違い)や加筆が行われてしまった様ですが、先生はくだんの
場面を調巻にかかわった福田大華という絵師が描いたものではないかと推察され
ています。

ネットで検索するとこの絵師は「故実や武器・武具にも詳しく云々」とあり、い
かにも「てつはう」を描き加えそうな人物なので間違いないものと思えます。
古吉本は他にも先生が推理された通りの紙継ぎの順になっています。古吉本
が最初の模写なのか模写の模写なのかは不明なものの、少なくとも楽翁本以前の
状態を模写した模本である事は間違いないと思います。

すでに教科書等では捏造(便宜上捏造と呼びますが、当時としては必ずしも悪い
事とは思わずに加筆していたと思われます)の場面らしいということで他の場面
に差し替えている本もある様ですが、先生の説に反論している方もおられま
すので、出来ればどなたかに古吉本を詳しく研究いただいて事の真偽を明らかに
していただきたいものと思います。


ところで、歴史上の有名な事柄はたいてい調べ尽くされているものと思っていま
したが、意外とこれまでの研究はけっこういい加減なものも多く、一次資料を読
み込んでない様な学者が権威だったすることもあり、最近になってようやく常識
をひっくり返す様な研究が次々となされています。

以前紹介した「源頼朝像=足利直義像」も明らかに今までの研究がお粗末で、新説
は信じるに足るものなのに、学者さんというのは今まで書いたものがひっくり返
されるのは非常に都合が悪いようで、この説でさえ理屈にもならない理屈で否定
しようとする学者さんがいることには驚きます。

藤本正行氏の「鎧をまとう人びと」という本は歴史と美術に通じた筆者が絵画史
料を読み解く優れた本で、たとえば以前足利尊氏像と言われていたこの絵

スクリーンショット(2010-11-27 18.23.14)


の鐙に
かけた足が後ろに向いてるのを見て、像主は怪我か病気で足がこのようになって
いるのだと思っている学者がいることが書かれています。
古画ではこのように足の向きがデッサン上はヘンになっていたりするのは、古い絵が
好きなら誰でも知っている常識で、筆者は一次史料であるはずの絵画への知識や
関心が無さ過ぎる事を嘆じておられます。この本は洋画には関係ありませんが歴
史好き・日本美術好きの方にはおすすめです。



スポンサーサイト
___________________________
未分類




| TOP |