Top | RSS | Admin

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


セーブル筆
2012/07/27 21:21 |
吉岡正人先生からお薦めの筆としていただいた、ウィンザー&ニュートンのセーブル筆、シリーズ7ミニアチュア(Winsor & Newton Series 7 Kolinsky Sable Miniature Brushes)を使ってみたら、先生のおっしゃる通り使いやすく、最近もっぱらミニチュア画を描いているので重宝。
スクリーンショット(2012-07-27 21.17.52)


日本ではこの穂先の短い「ミニアチュア」は店頭であまり売ってないし、アメリカのディック・ブリックだと、数が揃えば送料かけても安くつくので、「フレーム・マスター」と一緒に注文。
http://www.dickblick.com/products/winsor-and-newton-series-7-kolinsky-sable-miniature-brushes/
穂先の長いシリーズ7よりも、コントロール性がよくて穂先もしっかりまとまっているので、細かい部分の制作におすすめ。(画像左端の筆の毛がばらけているのは、固めた糊をほぐしたばかりなので)


ちなみにフレームマスターとは、額に絵を固定するタッカーで、釘打ちより簡単・便利で失敗しないので重宝します。
スクリーンショット(2012-07-27 13.44.53)

http://www.dickblick.com/products/fletcher-framemaster-framing-tool/
スポンサーサイト
___________________________
制作過程




| TOP |