Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


ブグロー模写やってみた 前説 その3
2013/03/28 10:53 |

描き始めをどうするかは色々な方法があると思いますが、私は今回はバーントアンバーの「ソース」(日本で言う「おつゆ」)で輪郭と陰影を描いて、それをいったん乾かしてから固有色のエボーシュをすることにしました。

「アカデミーと近代絵画」に出ている例は「….赤茶色の「ソース」で輪郭線を描き、次に影の部分に同色の少し薄めた色調を置き、最後に固有色を置いていった」(p81)とか「スケッチをキャンバスに木炭で写しとって、レッド・オークルをテレピンで薄めた「ソース」でなぞり輪郭線を得る….」(p83)、「第一回目にデッサンをキャンバスに移す。第二回目に油彩で輪郭線をなぞり、テレピンとレッド・オークルの混合物を薄めたもので陰影部の主要なマッスを確定する。三日目には髪の毛や付属部分のみならず肉体の色を置いていく…」(p87)等が書かれていますが、これらはソースが乾いてからなのか、乾かないうちに進めていくのかは分かりません。


この様な「褐色で陰影部を描いて明部を固有色で描き進める」という手順は、昔から最もスタンダードな方法の1つのようで非常によく見かけ、ヴァン・ダイクのこの絵にもはっきり見てとれます。
13227695.png

ブグローはどうしているのかよく分かりませんが、私の場合は描いた輪郭や影部が消えてしまうと、とんでもなく位置がずれてしまうし、ソースが乾かないうちに描くと色が濁りがち(上手い人はそんな事もないのですが)ですし、このお尻に透けてる黄褐色のトーンは、いったん乾かしてから上に固有色を塗っている様に見えるので、いったん乾かす事にします。

wb16.png


ルネサンス後期以前は絵具が被覆力が低いため、下絵もきっちりしたものを用意する必要から、紙に描いた下絵を基底材に転写する事も多い様ですが、16-17世紀以降はは絵具の被覆力が高くなり、この時代の画家達はデッサン力があるので、わざわざいったん丁寧なデッサンを紙に描いて、それを転写して始めるのは手間と時間の無駄なので、キャンバス等にいきなりデッサンを描いたり、アタリを描いて絵具で形を整えながら描き進める方が多いと思います。

⬇この絵もハトは簡単なアタリをとってあるだけですな。
wb19.png

wb21.png

wb20.png

wb29.png

私にはとうていムリなので、細かい部分までトレースします。

「前説」終了。

制作「一日目」につづく...
スポンサーサイト
___________________________
制作過程




| TOP |