Top | RSS | Admin

2017.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.08


ポール-セザール・エルー
2014/12/26 14:10 |
Paul-César Helleu ( 1859 – 1927) (エリューとよく書いてあるけどこのつづりだとエルーの方が正しいかと…) はそこそこ有名で、バブル期には日本でも版画がもてはやされてましたが、画集はめったに見かけないのは、あっさりした絵がほとんどでこれといった代表作が無いせいなのか、「美人画ばかり描いてる絵描きは芸術家として評価するに値いしない」と言いたがるえせインテリが幅を利かせていたせいかどうか分かりませんが、最近良い画集が出ました。



自分でドライポイント(銅板に直接に線を彫る版画技法)をやってみて、あらためてエルーの巧みさと描線の美しさに感心していたところなので有り難い本でした。
円安もあって7000円とちょっとお高めですが、300ページに図版がぎっしりで印刷も悪くないです。ドライポイントは図版が小さいと細い線は見えにくいので、もう少し拡大図版があれば良かったですが、エルーのファンならおすすめ。

dfhbdfgjnff.png

regtdrgt.png


fdhfdgh.png

fthtfdhf.png

dsefhie.jpg

i;oijljh






スポンサーサイト
___________________________
ブックレビュー




| TOP |