Top | RSS | Admin

2017.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.05


彫刻の勉強
2015/11/25 18:28 |
小学4年生ころ以来、絵以外にやりたい事の筆頭に彫刻があるんですが、絵だけでもぜんぜん未熟なのでちゃんと勉強も出来ないまま、時々ちょこっと粘土をこねたり木を彫りかけては途中で挫折を繰り返して数十年。

美術解剖は京都芸術短大(現京都造形大)時代に本を何冊か買って、鉛筆模写したりして自習しましたが、根気や集中力が無いし、私は現代の写実画みたいに、体に表れる細かい起伏を全部描き尽くす様な絵ではなく、古典絵画の様に、整理し様式化した人物画が好きなので、頭にちゃんと入ってないまま絵描きをやってきました。(開き直りともとれる発言)

もちろん古典画家達はみんなしっかり解剖知識を身に付けているので、昔だったらモグリの画家。

ここ最近、来年のオークション用の絵のモデルが決まらなくて絵にとりかかれないので、この際顔だけでも彫刻の基礎を勉強しようと思いまして、去年買っておいた造形作家・片桐裕司氏著「ANATOMY SCULPTING(アナトミー・スカルプティング) 片桐裕司 造形テクニック」

と、アマゾンで買った頭蓋骨模型 1/2サイズ http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00QH2A00K/ref=oh_aui_detailpage_o08_s00?ie=UTF8&psc=1
ortuire.jpg


ebayで買った10㎝モデル。
http://www.ebay.com/itm/10cm-Resin-Half-Human-Anatomical-Anatomy-Muscle-Bone-Skull-Head-Medical-Models-/321918774165?hash=item4af3daab95:g:4FgAAOSwZVhWRATH
edshjkcva.png

を元に、インダストリアルクレイ

で作る事にしました。

インダストリアルクレイは工業モデル作成等に使われる、細密な作業にむいた粘土で、油粘土の様に臭く無いのでよく使っています。

まずは頭蓋骨の勉強。
1swguws.png

最初大まかに形を作るのにけっこう時間がかかって、ここまでに約1時間30分。
2woiiyw.png

さらに1時間。
3ewpoiued.png

ここまで作って、もう少し細かい道具も必要になってきたので、アマゾンに粘土道具セットを注文。
11本で390円は安い。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00C2UPNTY/ref=oh_aui_detailpage_o07_s00?ie=UTF8&psc=1
4dfvgeeeebv.png

届いた道具も使って1時間。
5ghfioj bng

さらに1時間。歯とか眼窩の奥とかはちゃんと作る必要は無いのでここで終わり。
6sgttrdjhh.png

ざっくりと作りましたが、かなり勉強になった気が…
もちろん身に付くまでは形を覚える努力を繰り返さないとと思っています。

さて次は筋肉の勉強。
粘土で作った骸骨に粘土を盛るよりも、プラスチックモデルに盛る方が分かりやすいのでモデルに盛ることに。
7ytjyftrdrt.png

1時間後。
8tyj htyf

日をかえて1時間。
9hgmhg hf

さらに1時間10分で片面に皮膚をかぶせて終了。
10hmhgmkg.png
耳はまたあらためて勉強することに。
10pouyer.png

もう少し丁寧に筋肉を作り上げたいところですが、今回参考にした本はかなり詳しいとはいえ、細かい所ではよく分からない部分もあるし(ちゃんとすべて説明しようとするともっと分厚い本にするしかないと思いますので、これhttp://chokokuseminar.com/とかで勉強した方がいいかも)、筋肉モデルも小さくて分かりにくい上に、省略で分かりにくくなっているところもあって、もっと大きくて正確な筋肉モデルが無いとちょっと難しい。(特に複雑な口の回りがよく分からないです)

ネットで解剖の図や彫刻の画像を色々見てみると、けっこう形や大きさもまちまちに表現されていてどれを標準にして良いか分からないけど、実物の写真を見るのはマジ勘弁。(チラッと見たかぎりでは、標本なので必ずしもちゃんとはわからなさそう)

学生の頃もうちょっとしっかり勉強しておけば...とずっと思ってきましたが、今回くわしい本とモデルを見ながら作ってから、当時の本を見直してみるとこんなかんじ⬇
2rtwelrrtrfg.png

3qwilukhg.png

で、こんな図からちゃんと正確に理解するのは無理だったということが今回よく分かりました。(責任転嫁)

今回勉強した後、痩せた人の顔を見ると、骨や筋肉がその通りになっていて面白く、ただでも人の顔をジロジロ見るクセがあるのに、よけいガン見するようになりました。


スポンサーサイト
___________________________
制作過程




| TOP |