Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


スポンサーサイト
--/--/-- --:-- |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
___________________________
スポンサー広告


いただきもの自慢
2016/08/01 18:02 |
暑中お見舞い申し上げます。

今回はお客様から最近いただいたモノ自慢を….

これは長年お世話になっておりますお客様からいただいた北宋時代の白磁瓶。
dughskbn.png

昨年いただいたのですが、高さ5.5㎝なのにちゃんと水も入るので、小さな花を入れた画像にしたいと思って良い花を探していましたら、せっかく買っておいたミニバラが枯れたりで延び延びになり、結局近所の公園に咲いていたクローバーの花を入れてみました。
この瓶(浅学にして正しくはなんと呼ぶのか、何に使うために作られた物なのか知らないのですが)の形や、丁寧すぎず雑すぎずの作りがなんとも味わいがあって、古陶の良さを楽しませていただいております。

なんでもかんでも古い物の方が良いというガチガチの擬古主義者ではないつもりですが、戦後の一流作家の陶器にどうも好きな物が少ないのは、陶器を無機質なくらいきれいに整え過ぎて、この小瓶のような多少のゆがみやへこみやキズは気にしないおおらかさが無いために、味わいに欠け陳腐なのではないかと思います。

同じ方からいただいたこちらは「古代ガラスー銀化と彩り」という本にも掲載されているローマングラスの広口瓶で、4〜5世紀の物とのこと。
fdlisfgd.png

ローマングラスは前々から何か1つでもほしいと思ってはいたものの、本物かどうかまったく見分けがつかなくて手が出せないでいましたので、思いがけなく頂戴して、これまた味わい深い形や風化によって出来た表面の銀化の面白さを楽しんでいます。

⬇は別の方からいただいたのは大量の陶器片。
dojdfnhv.png

福島にお住まいの方で、昨年お話しした際、「震災の際にコレクションしていた陶器がほとんど壊れてしまったけども、捨てるのも大変でまだ残っている」とのお話でしたので、捨てるくらいなら下さいとお願いして送っていただきました。

まず分類。パズルみたいでけっこう面白い作業でした。
reghjreik.png

絵に描くにはキズがあってもかまいませんし、割れててもかえって面白いので、このあと絵に使えそうなものを瞬間接着剤で組み立て。
lyiihdrg.png

和陶器は油絵にはちょっと合わないかんじのものが多いのであんまり描かないんですが(作家の腕の問題です)、なぜか中国陶器は油絵に合うかんじのものが多くて、これは中国風の模様できれいなので使わせていただく事に。

そして最近いただいた物に、先日ブログに書いたコレクターAさんからいただいたギュスターヴ・ジャン・ジャッケの水彩画。
dfhtrnj.png

ジャッケは以前ブログに書いた事のある(http://paintingsfuruyoshi.blog56.fc2.com/blog-entry-152.html)大好きな画家ですが、Aさんが海外のマイナーなオークションに水彩画が出ているのを見つけて教えていただいたものの、
画像が小さくて良い物かどうか判断がつかなかったので見送ったら、Aさんが落札して「安かったので」と気前良く下さいました。
実物を見るとさすがの筆さばきで間違いなく本物。もらった物なのにアレですがたしかに安い!
dfhbdfjgn.png
dfghndfghnf.png

というわけでAさんを通じて海外の中小美術品サイトからも手に入る様になったため、最近はそっちのチェックもする様になったら先日大物を掘り出しました。
その件はまた後日….
スポンサーサイト
___________________________
日々雑感




| TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。