Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


巨大アートビジネスの裏側
2017/03/10 08:23 |



オークションを中心に美術品売買の裏側やエピソード、現在の世界のアート市場の流行や傾向などを紹介し、バブル崩壊以後すっかり勢いを無くして停滞している日本の美術界を尻目に、世界のアートビジネスが成長・拡大している様子を、とても分かりやすく読みやすい文章で解説した新書。
2016年5月刊で昨年夏に読んだんですがブックレビューに書くのが遅くなりました。
著者はサザビーズジャパンの元社長さんで、2009年にも「サザビーズ 「豊かさ」を「幸せ」に変えるアートな仕事術」を出版されていますが、アート市場はその後も大きく変動しているので、最近のトレンドを知るにはこちらも読むべき。 
といっても美術界は景気に大きく左右されるので、本書の情報の一部も今ではすでに古くなっているものもあるかもです(たとえば中国人の動向とか)が、簡潔な文章で沢山の興味深い話が詰め込まれていておすすめ。
たとえば「絵画オークションの世界で売れる色と売れない色」といった話も入っていて、万国共通なのは青なのだとか。
赤の方が人気がありそうに思ってましたが、それは東洋人の感覚なんすかねえ?
私の経験ではモデルの服がピンク色だと人気が高いです。
「茶色は売りにくい」というのはよく分かります。

ちなみに「作家に対する利益の分配の法制化」についても書かれていて、私も最近国内オークションで過去の作品が当時より大幅に高く取引される事も増え、私本人に分配金が入らないのは不公平ではないかと何人もの方からご親切で心配いただく事が多くなりましたが、私としては将来値上がりする保証も無いのに、数十万、数百万出して拙作を買っていただいた方々にずっと恐縮に思ってきたので、買っていただいた方にトクになれば、けっこうお金に執着の強い私ですが「売れたお金から配当をいくらかほしい」みたいな気持ちはありません。
それに高く売れたら分配を要求するのに、売却した際に購入いただいた時より大きく値下がりしても、作家はなにも補償しないというのは虫がよすぎる話だと思います。
もっとも、数億で売れた場合に数百万のと分配という制度らしいので、どっちにしてもほんの一握りの作家の問題ですが。


スポンサーサイト
___________________________
ブックレビュー




| TOP |