Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


レンブラントの夜警
2008/02/26 09:48 |
1.jpg

2.jpg



ピーター ・グリーナウェイ監督の映画「レンブラントの夜警」
(原題「NIGHTWATCHING」)を見ました。

予想通り難解...つか予想以上にオニわかんないっす。
映像は特に目新しさもなく、衣装もわざとなのか(舞台劇のような
雰囲気を出すため?)低予算なのか、あり合わせな感じのチープさ
(素材やデザインが悪かったり、ダブダブだったり)で、人に見る
事をすすめる気はありませんが、見るのなら先にパンフレットを
買って人物設定を読んでおかないと、何も分かりません。

この映画は、レンブラントの集団肖像画「夜警」(後世に付け
られた通称)が、絵画性を優先して依頼主の意向を無視し、
肖像画としてちゃんと描かなかった為に、以後村八分になって
注文が激減し、没落していったというエピソードをもとに作られています。

このエピソードが伝説にすぎない事は最近の本にはたいてい
書いてあります。(本当は「夜警」を描いた訳でもなく、
昼間なのにニスの黒ずみで夜を描いた絵に見えていただけという
ことも)

当然グリーナウェイはそれらを知った上で脚本を書いていると思い
ますし、映画なので別にかまわないことではありますが、
この伝説はあまりにも有名であったため、いまだにそう思って
いる方はけっこう多いし、特にネットでの記述にはこの誤謬が
よくみられます。

実際他の絵で注文主とトラブルを起こした事はあるよう
ですが、レンブラントの没落は、調子こいて浪費していたら
オランダの経済不況で借金が払えなくなった事が原因のようで、
「夜警」を描いたために村八分にされたというような
事実は無いようです。

芸術家の伝記には、劇的でロマンチックなエピソードが好まれ
がちですが、レンブラントに高い画料を払ってこの絵を
残してくれた像主達の、この扱われ方はひどすぎると思います。

スポンサーサイト
___________________________
日々雑感




| TOP |